じゃぱんますたー ホーム »徳島県
カテゴリー「徳島県」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

奥祖谷渓谷 その6  

前回まで奥祖谷観光周遊モノレールについてご案内しました。

今回は奥祖谷の「落合集落」についてご案内します。

といっても、遠目から観ただけなのです。
時間の諸事情により…スイマセン。


この落合集落。一体なんですか??という感じだと思います。
実は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されているのです。
この保存地区。実は以前、このブログで取り上げた吹屋も指定されているのです。
(吹屋に関しましては過去フォルダ岡山の吹屋に有りますので是非♪)

しかも、徳島県ではこことうだつの町並みで有名な「脇町」の2地域のみなのです。


ちなみに集落の詳細関しては下記の写真をご覧下さい♪
IMG_0452.jpg
※写真をクリックして頂ければ拡大します




そして、これが遠目から見た落合集落です。
IMG_0455.jpg
やはりここも平家落人伝説の一つとなっているようです。
こう言う景観って本当に貴重な景観だと思う。
是非とも守り続けてほしいと強く願うばかりです。




銀杏と集落
IMG_0456.jpg




というこうとで本日はかなりの超スピードですが終了です!!
そして祖谷方面のご案内も今回はこれにて終了です。

本来ならまだまだ行きたいところは有ったのですが(平家屋敷民俗資料館とかは特に!!)
残念ながら時間の関係で全て廻りきることは出来ませんでした。

ちなみに今回、祖谷から奥祖谷と案内して参りましたが、これらは全て一日で回ったものです。
祖谷渓に入ったのは朝8時前→落合集落15時半過ぎで廻っています。
時間が許せば落合集落を間近で観たり資料館も行けたり温泉にも入ることができたと思いますが…
(次回は制覇しますよ!!フンフン!!)

でも、1泊2日であれば全てゆとりを持って見れます!!
(ただでさえ見るのが遅い自分でもここまで見れたので…)

なかなか目的地まで所要時間が掛かかるし、鉄道利用の方なら尚の事かも知れませんが…
日本の奥深さを味わえる貴重なところだと思います。
(鉄道利用の方は幾度か出て来たボンネットバスが有ります)

最後に詳細を知りたい方は下記サイトをご覧頂ければと思います♪
☆大歩危・祖谷観光NAVI☆

祖谷そばやでこまわし等の郷土料理も美味しいですよ♪







最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!
スポンサーサイト

category: 徳島県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

奥祖谷渓谷 その5(日本一)  

前回は奥祖谷観光周遊モノレールに乗車する前までご案内しました。

ちなみに前回見ていない方は下記を参照ください。
奥祖谷観光周遊モノレールその1
奥祖谷観光周遊モノレールその2






今回はいよいよ乗車です♪
IMG_0389.jpg
※今日は写真多めです(笑)




出発地点は790m
IMG_0388.jpg





ぐんぐん進みます!!
IMG_0410.jpg




軌道はこんな感じ
IMG_0408.jpg




1000mはあっという間に
IMG_0401.jpg




このぐらいの標高なら所々色付いた葉っぱが残っている
IMG_0403.jpg




頂上部など一部分を除いて本当に昇りです。
IMG_0406.jpg
ちなみに1枚目の写真の座席部分を見て頂くと分かりますが、
ずっと傾斜が付きっぱなしなので、若干座席に角度を付けてるんです。
なので登っている間は背もたれにもたれっ放しではないんですよ~
(むしろ傾斜が無いところは気持ち前かがみになっている)
こういうところも周囲の景色を楽しんでもらうための工夫の一つですよね♪




さすが世界一だけっあって傾斜がものすごいです!!
IMG_0407.jpg
本気で斜度が凄まじいときは、ちょっとだけ不安を覚えました(笑)




いよいよ1200m突破します
IMG_0409.jpg




上下線がここから離れ離れに
IMG_0412.jpg
ちなみに頂上部で一周して左側のレールで下ってきます。
(ここもなかなかの斜度です)




伐採された木がごろごろしてるけど、恐らく間伐しているのかな。
だとしたら、近年放置された森林が多いと言われている現在、本当に嬉しい。
IMG_0413.jpg




色々と妄想していたら降りてきたモノレールに遭遇。
IMG_0416.jpg




という事でいつの間にか頂上付近に来ました!!
IMG_0419.jpg




ぐるっと頂上付近を廻り、今度は下降していく。
IMG_0424.jpg
※頂上付近は駅等ないですよ~



辺りは静かだったので、すっと伸びる杉には凛とした雰囲気さえありました。
IMG_0427.jpg




下りはこんな感じです。
IMG_0430.jpg
電源箱??の上にこっそり防犯カメラがあります(笑)




今度は昇ってきたモノレールに遭遇
IMG_0432.jpg
カブトン号の顔を見るとちょっと勇ましく見える(笑)




最後はこの写真♪
IMG_0441.jpg
奥まで山々が連なり、本当に四国山地のど真ん中にいることを感じさせます。
この奥深い山の景色を見ていると、これなら平家が隠れ場に選んだのも頷けます。
真偽は定かではなく伝説かもしれないけど信じずにはいられません。



という事でモノレール編は終了です♪
夏場などは森林浴にもなるので是非とも世界一を体験して見て下さい。






今回はだいぶ長くなってしまいましたが最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!

category: 徳島県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

奥祖谷渓谷 その4(日本一)  

前回は案山子の里をご案内しました。
今回も引き続き奥祖谷をご案内します。
というかすでに奥祖谷では無い気がしますが…ま、分かり易くするためにこれで行きます。

さて案山子の里から酷道439号線をかずら橋方面に進みます。

途中でこんな風景に出合います。
IMG_0384.jpg
標高が若干下がっているせいなのか、暖かい空気が残る場所なのか、とにかく綺麗に色づいてます。




早速現地に到着するとかずら橋以来の再会♪
IMG_0385.jpg
しかも運行中。お年寄りなので労ってあげてよ!!(笑)




ん??駅舎????
IMG_0386.jpg
そうなんです。そうなんですよ!!




ということで今回紹介するのは……こいつだぁーーーー!!!

















どどーーーーん!!!!
IMG_0389.jpg
角が黒光りしていかつく強そうなカブトン君だーー!!

って「なんだよこれ」っていう感じですよね。




実はここ、観光用のモノレールとしては世界一だらけのモノレールなのです。
・全長4600m
・高低差590m
・斜度40度
・最高標高地点1380m


詳細は下記のPDFからご覧下さい!!
奥祖谷観光周遊モノレールその1
奥祖谷観光周遊モノレールその2


※これでも謎が残るという方はウィキってください。私もあまりの謎にウィキペディアで調べました(笑)


ちなみに注意点としては…

1.頂上部と寒暖の差があるので服装には気を付ける(特に春と秋はそのままの服装で乗ってしまうことがある)
2.用を足す←これ本当に重要。
2番に関しては所要時間が1時間以上あり、かつ寒暖の差があるので気を付けましょう。途中下車は出来ません!!
※ちなみに土日は混雑するかと思います。私は日曜に乗りましたが、待ち時間が30分程有りました。


また、周辺には宿泊施設「いやしの温泉郷」があり、食事処,日帰り温泉も有ります。
IMG_0447.jpg
コテージや古民家風の離れもあるので面白そうです♪

IMG_0449.jpg

宿泊施設のホームページはこちら♪
☆いやしの温泉郷☆

※残念ながら貧乏旅行だった私は泊まりませんでした(泣)




という事で今回はここまでです。
次回はいよいよ上を目指します!!



最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!

category: 徳島県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

奥祖谷渓谷 その3  

前回までは奥祖谷渓谷の二重かずら橋を案内しました。
今回は奥祖谷のちょっとした観光地をご案内します。



それがこちらです♪
IMG_0380.jpg
「いやいや、普通の家じゃないの!!」と思われた奥様。

実はここ、この方々の住処なのです。
IMG_0375.jpg

ここは、かずら橋から二重かずら橋の間にある「案山子の里」という場所です。
IMG_0378.jpg

場所は三好市名頃です。詳細は下記をご覧あれ。
☆案山子の里マップ☆
国道439号線沿いに有ります。




さて、少々お邪魔します。
IMG_0367.jpg




あ~稲刈りの季節だから忙しいもんね
IMG_0369.jpg
って思ってたら…↓



からまっちゃった
IMG_0373.jpg
いや~これは笑っちゃいました。




他にもいろんなところで様々な顔を見せてくれます。
IMG_0372.jpg


これお気に入りの一つ。
IMG_0371.jpg
すごい暖かい気持ちにさせてくれる。


IMG_0370.jpg

IMG_0381.jpg

IMG_0374.jpg

IMG_0376.jpg

IMG_0377.jpg


里からちょっと離れたところに居たので本物かと思っちゃいました^_^;
IMG_0379.jpg
やられました(笑)


最後に国道439号線
IMG_0383.jpg
マジで…狭い(笑)
実際に対向車来たら避けれませんでした。



皆さん。これが国道・・・・・じゃなくて酷道ですよ(笑)
(個人的にはこれでも全然マシ部類だと思います)






という事で案山子の里は終了です!!

サクッと見れるところなので是非とも立ち寄って見て下さい。
ありきたりな言葉ですが…日本の田舎の原風景を感じることが出来ると思います。






最後までお読み頂きありがとうございました!!
次回も宜しくお願いします!!

category: 徳島県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

奥祖谷渓谷 その2  

いよいよ本格的な秋気候になってきましたね!!
私神奈川に住んでおりますがちょうどいい気候でメッチャ気持ちいいですね~!!

という事で前回の続きである二重かずら橋の男橋の続きからご案内します。



続いて女橋を渡ります。
IMG_0345.jpg
柱に付いているコケが歴史の深さを感じさせる。




橋上から。
IMG_0347.jpg
男橋




野猿
IMG_0363.jpg





そして夫婦橋を渡り、いよいよ野猿へ。




野猿の前には注意書きが。
IMG_0352.jpg




これで3名以上乗るのか(笑)
IMG_0351.jpg




そしていよいよ乗車!!!!!!
IMG_0353.jpg
ちなみに野猿は「人力ロープウェイ」みたいなものです。
真ん中にあるロープを手繰り寄せると籠が進む仕組みになっています。
意外にスルスル進んでいた気がします。




野猿中央部からの景色
IMG_0354.jpg




夫婦橋が見えます。
IMG_0355.jpg
今更なんですが紅葉が終わってたのが悲しい…
奥祖谷は紅葉が10月下旬から11月上旬みたいです。。。
(行ったのは前回のかずら橋同様11月下旬)



これで動く仕組みが分かると思います。
IMG_0357.jpg
それにしてもやっぱり人気があるのかな??
この日は平日だったのであまり人がいなかったけど、
休日は子供達に人気がありそうですね♪




下からはなかなか良いアングルです。
IMG_0360.jpg




まさに秘境の中にある河渡しという感じで迫力が有ります!
IMG_0363.jpg




手前は女橋。
IMG_0361.jpg
なんかゴムみたいに伸びきってるようにも見える(笑)
でも、若干くたびれた感じがこの土地に凄い似合ってますね。(言い方悪くてスイマセン^_^;)




上部から撮った男橋
IMG_0365.jpg
周りの木々に支えられているのが分かる。
この支えがあるから、これほど自然と一体に見えるのだろうか。(かずら橋もですけどね)
好きな風景の1枚です。


これにて二重かずら橋の案内はこれにて終了です。
しかし!!奥祖谷はまだまだ終わらないですよ~♪

という事で次回に続きます。







最後までお読み頂きありがとうございます!!

category: 徳島県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。