じゃぱんますたー ホーム »中国地方
カテゴリー「中国地方」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

思わず写真を撮りたくなる車窓  

本日は思わず写真に納めてしまう車窓からの景色をご案内します♪
(2007.3.18訪問)


こちらが今回ご案内する車窓から一枚♪
大山
この景色・・・どこの車窓かお分かりになりますか??
ちなみに3月に撮ったものなのですが、まだ山には雪がしっかりと残っています。




正解はこちら・・・

鳥取県を代表する名峰「大山」です♪
冬はスキーを楽しむことができ、夏でも過ごしやすい気候で登山やドライブなどにも最適です。
という事で正解は山陰本線からの車窓です(^^)
米子を出て暫く鳥取方面に進むと向かっていると右側にどっぷりとした山が見えてきます。
大山は中国山地から離れた独立峰なのでとっても分かりやすいです。




少し角度を変えると・・・
大山 (2)
右側のなだらかな斜面が少し富士山に似ていませんか?!(私の撮った位置が悪かったです...)
大山は「伯耆富士」と言われているんですよ♪
ちなみに伯耆(ほうき)とは律令制の頃の旧国名です。

という事で今回は山陰本線から見える車窓をご案内しました♪
最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


スポンサーサイト

category: 鳥取県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 8

本日の一枚は・・・その10  

本日の一枚はタイトルにもある通り「祈り」です。
(2011.10.13訪問)




先日発生した広島の土砂災害…
広島平和記念公園
行方不明の方のいち早い発見・・・
一日も早い復旧・復興・・・
そしてその復旧・復興に携わっている方々の安全・・・

心よりお祈り申し上げます。



最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!


ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


category: 広島県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

瀬戸大橋クルーズ その4(最終回)  

今回は瀬戸内海クルーズの折り返しからご案内します♪
(2011.6.4訪問)

与島橋を渡り再び岡山県側へ向かっていきます。
瀬戸大橋クルーズ (20)
与島は瀬戸大橋上で唯一高速道路のパーキングが有るのですが、
こちらでUターンすることも出来ます♪


こちらは香川方面。
瀬戸大橋クルーズ (21)
兄弟のような吊り橋に見える「北備讃瀬戸大橋」と瀬戸大橋最南端の橋「南備讃瀬戸大橋」があり、その奥には「番の州高架橋」が見えます。また南備讃瀬戸大橋の間には薄っすらと坂出市の工業地帯「番の州」が見えています。
南備讃瀬戸大橋は道路と鉄道の併用橋としては日本一の長さを誇り、吊り橋としても明石海峡大橋に次ぐ第二位の長さ(1723m)です。
ちなみに・・・北備讃瀬戸大橋は第五位、下津井瀬戸大橋が第六位と、瀬戸大橋から3つの橋がトップ10にランク入りしています。




おく~~の方に見えるのは与島PAにある「フィッシャーマンズワーフ」。
瀬戸大橋クルーズ (23)
現在は営業終了し、既に取り壊しが行われているみたいです。
今後はどのようになるのか注目です。



再び橋を潜ります。
瀬戸大橋クルーズ (25)
今度は櫃石島橋の下をくぐります。




櫃石島橋を抜けると再び与島が見えます。
瀬戸大橋クルーズ (27)
この辺りから港へ向けて一気に加速していきます。




よこから見ると波しぶきが立ってカッコいいです♪
瀬戸大橋クルーズ (29)
少々風邪はキツイですがメッチャ気持ち良いです!!ほんのちょっとだけ海人になった気分(笑)
水しぶきがレンズにあたるので綺麗に撮れるまで苦労しました^_^;



桟橋が近づくと出港時は気付かなかった建物が・・・
瀬戸大橋クルーズ (30)
児島市に本社を置くジーンズメーカー「ビッグジョン」です!!
ビッグジョンは初の国産ジーンズを作ったメーカーなのですが、現在は経営再建中との事。
ビッグジョンの名称由来は、会社を創立した「尾崎小太郎」が、ありふれた名前として「太郎=ジョン」という事で「リトルジョン」と考えたそうなのですが、「リトルは・・・・・^_^;」という事で逆の言葉として「ビッグジョン」になったそうです♪
ちなみに、小太郎の実弟は同じ児島市に本社を置いていた「ボブソン」を創立しています。
ボブソンの由来はアメリカでありふれた名前「ボブ」を利用して「日本製のジーンズがたくさん売れてボブ(アメリカ)が損するように」との事で「ボブソン」になったそうなのですが…残念ながら数年前に倒産してしまいました^_^;

児島市としてはビッグジョンまで倒産されるとジーンズの街としては大打撃を受けることになるのでなんとか再建がうまく行って欲しいところです。
本当はジーンズが生産される過程等も書きたいのですが、長くなってしまうのと観光情報では無くなってしまうので、ここまでに…(笑)


そしてクルーズの締めを飾るのはこちら♪
瀬戸大橋クルーズ (31)
ワンちゃんです(*^_^*)
実は一緒に乗船してました(笑)
でもずっと大人しくしていました♪
それにしても船酔いとかは大丈夫なのかな…^_^;

という事で瀬戸大橋クルーズは以上です♪

観光船の詳細に付きましては下記をご覧下さい(^^)
☆倉敷観光WEB「児島観光港」☆


ラストショット♪
瀬戸大橋クルーズ (28)
最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


category: 岡山県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 4

瀬戸大橋クルーズ その3  

今回のクルーズ編はいよいよ瀬戸大橋が目の前に迫る様子をご案内して参ります♪
(2011.6.4訪問)


岡山県本土最南端の久須美鼻を超えるとそこには瀬戸大橋第一の橋「下津井瀬戸大橋」が
姿を見せます。
瀬戸大橋クルーズ (13)
右側は岡山県ですが、左側はなんと香川県です。
実は瀬戸大橋は一つ目に県境が設けられています。
その為瀬戸大橋の9割以上は香川県内になるんですよ♪
岡山県側の橋の下は以前ブログでご案内した昔ながらの港町「下津井」になります。
(詳細はこちら→☆下津井散策☆)




続いて目の前に現れたのは本州より二つ目の島「岩黒(いわぐろ)島」です。
瀬戸大橋クルーズ (15)
右側は「櫃石(ひついし)島橋」「左側は岩黒橋」で全長は共に792mです♪
横から見る斜張橋はまるで翼のようです。
橋と橋の間にある「ぐるぐる」は岩黒島の島民の方が利用することが出来る瀬戸中央自動車道の出口です♪




続いての橋は美しい曲線美のトラス橋「与島(よしま)橋」です
瀬戸大橋クルーズ (16)
なんとS字に曲がっている珍しい橋です。




観光船のエンジンを止めると水面はこんな穏やか・・・
瀬戸大橋クルーズ (17)
水面に橋の一部が映って見えますが、ついここが「海」という事を忘れてしまいます。
波の有り無しによってここまで雰囲気が変わるんですね~




クルーザーは与島橋を潜りUターンして再び本州の地を目指していきます。
瀬戸大橋クルーズ (19)
次回は瀬戸内海クルーズ最終回です♪


観光船の詳細に付きましては下記をご覧下さい(^^)
☆倉敷観光WEB「児島観光港」☆


ラストショット♪
瀬戸大橋クルーズ (18)
最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


category: 岡山県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 6

瀬戸大橋クルーズ その2  

今回も引き続き瀬戸大橋クルーズをご案内して参ります♪
(2011.6.4訪問)

前回は乗船前までご案内しましたが今回はいよいよ出港です(^^)
瀬戸大橋クルーズ (5)
桟橋を離れて最初に目に入ったのは水産庁の船。
調査や研究の為に使用されるものなのでしょうか。




徐々に陸から離れていきます。
瀬戸大橋クルーズ (6)
児島半島の背骨となっている小高い山々がまた綺麗な形をしています。




少し沖へ進むと目の前のは「児島競艇場」が見えてきました。
瀬戸大橋クルーズ (8)
競艇場の水は海水を使用しているので真水を使用している競艇場と比べると体重差などの影響が出にくいそうです。
競艇場の上に見える観覧車は「鷲羽山ハイランド」です♪
鷲羽山ハイランドと言えば16メートル以上の高さがあるスカイサイクルや、とある二人組が約1日半ジェットコースターに乗り続け、ギネス記録を打ち立てた場所でもあります。
また岡山県内出身の友人曰く「小学生の時、大体の学校が遠足の目的地が鷲羽山ハイランドだった」そうです。
今は岡山を代表するテーマパークですね(^^)




更に進むと山と山の間に高いコンクリートの壁が・・・・
瀬戸大橋クルーズ (10)
実はこの時点で既に鉄道と高速道路が上下になっており、壁の向こう側は鉄道です。
そして左側の山を全長205mの「鷲羽山トンネル」で抜けると直ぐに瀬戸大橋を渡り始めます。
(鉄道部分は230m)

この鷲羽山トンネル・・・長さこそ平凡ですが、高速道の上下線2本と鉄道の上下線2本の軽4つのトンネルが掘られました。これが何と世界初の4つ目トンネル工事だったんです♪
どうしても瀬戸大橋に目を奪われてしまいますが、実は大変貴重なトンネルだったんですね♪
請け負ったのは青函トンネル建設にも携わった「奥村組」です。(通天閣も奥村組です)




いよいよ先端部の「久須美鼻」まで来ました。
瀬戸大橋クルーズ (12)
岬は松の木で覆われていますが、屋根の先端部分がぎりぎり顔を覗かせています。
実は久須美鼻には弘法大師ゆかりのお堂「久須美大師堂」が建立されています。

そういえばこの辺りの陸と海の境目辺りは急な崖ではなくどちらかと言うと
角度が緩い崖のような気がします。
また海のすれすれまで松の木が生えているところを見ると、
それほど自然環境が厳しいという訳ではなさそうな気がします。
さすが瀬戸内海ですね♪

ちなみに・・・岡山県本土最南端は上記の写真部分である「久須美鼻」なんですよ~♪
かなり地味な記録ですが・・・^_^;


という事で今回はここまで次回はいよいよ瀬戸大橋を目の前にしてご案内して参ります(^^)
観光船の詳細に付きましては下記をご覧下さい(^^)
☆倉敷観光WEB「児島観光港」☆

最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


category: 岡山県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 4

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。