じゃぱんますたー ホーム »熊本県
カテゴリー「熊本県」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

心残りと後悔満載の日本一  

今回は熊本県にある日本一をご案内したいと思います。
(2011.10.8訪問)

そんな日本一はこちらです!!
IMG_8990.jpg
石段の段数日本一なのです♪
その数「3333段」です。



この石段は釈迦院(しゃかいん)へ行く為の参道なのですが、
参道を整備する際に、日本一を造ろうという事になり、昭和63年に完成しました。
(第二位は山形県羽黒山の参道に有る2446段)





こちらが石段の入口
IMG_8994.jpg




御坂遊歩道について
IMG_8991.jpg




このような感じになってます
IMG_8993.jpg
石段に使用した石材も国内,国外問わず様々な産地のものが使われているそうです。




最初の休憩所「牛の宮さん」です。(ここまで192段)
IMG_8992.jpg
実は・・・・・・・ここで終わりなんです。




・・・・・・・・・・「おいおい!!10分の1も登ってないやないか!!」

その通りでございます…

てっぺんはまだまだ上です。



がしかし…登り始めた時は既に16時30分。
休憩中にちょこっと計算してみたら頂上に着くころには18時過ぎるんじゃないの??
そして、下る時には真っ暗と言う…(笑)

決定打は降りて来られたや石段前に居た地元の方に「止めた方がいいと思う」の一言^_^;
(夏ならまだ良かったのですが…)

という事で、登る時間とか全く気にせずあちこち回っていたので、計画の甘さがこんなところで出てしまいました。
中途半端過ぎて悔いが残り過ぎますが最初の休憩処で引き返すことにしたのです(T_T)

※個人差はありますが、実際登るのに1時間半前後。下るのには3,40分ぐらい掛かるみたいですね。


本当に本当に本当に悔しかったです。。
という事で、次に熊本県に行ったら、必ず再チャレンジして当ブログで頂上まで案内出来るようにしたいです。





今回の石段に関しては総裁を知りたい方は下記サイトをご覧ください♪
☆美里町日本一の石段☆

☆なごみ紀行☆



地図も載せておきます♪

大きな地図で見る

最後に…
完全に中途半端であまり有益な情報では無かったのですが、日本一スポットなので、せめて存在だけでも知って貰いたくて今回ご案内させて頂きました。
行かれる際はくれぐれも時間配分にはお気を付け下さい(笑)



最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!





ポチッと♪
お忙しいとは思いますが何卒…ちょこっとだけお力をお貸し下さい♪
(最近押して頂いている方がいるみたいで…凄い励みになります!ありがとうございます)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 熊本県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

日本一石橋の多い県 その7(内大臣橋)  

前回は鮎の瀬大橋をご案内しました。
今回は内大臣橋についてご案内していきます。
(2011.10.8訪問)

鮎の瀬大橋から下流に向けて3,40分ほど車で走ったところです。



内大臣橋(ないだいじんばし)
IMG_8955.jpg
・・・・・・・・なんか偉そうな橋ですね(笑)

でもその考えはあながち間違いではないんですよ。

内大臣は近辺の地名みたいなのですが、
その昔、源平合戦に敗れた平家の落人がこの辺りに隠れ住んだ際、
内大臣と言う要職についていた「平重盛」を祭る為に内大臣と付けたそうです。





遠目から1枚
IMG_8950.jpg
宙路アーチ橋という種類だそうです。
アーチの途中で道路が有るかなり珍しい橋ですね。(他に宮崎県に2本有るそうです)

(宙路アーチ橋の中では日本一って他サイトに書いてあったけど何が日本一なのだろう??)




開通当時は有料だったそうです。
IMG_8960.jpg
規格に合わせる為に橋の手すり「欄干」を嵩上げしたみたいです。




転落防止が取り付けられています。
IMG_8954.jpg
でも、ここの橋も心霊スポットで有名みたいですね。
ネットで内大臣橋で検索すると出てきます。




実際に渡ってみます。
IMG_8959.jpg
道幅はそれほど狭くありません。




橋上から。
IMG_8961.jpg
この辺りの渓谷は「緑仙峡」と言います。
紅葉時はかなり期待できそうです。




反対側
IMG_8958.jpg
津留集落の田畑が見えます。



ちなみに…この内大臣橋を南下いていくと宮崎県椎葉村へ行けます。(内大臣林道)

大きな地図で見る
ちなみに…椎葉村も平家の落人伝説が有るそうなのでちょっとした繋がりが有るかもしれませんね。
(椎葉村までは相当激しい戦いになりそう(笑))


という事で今回で橋に関するお話は終了です。

霊台橋・通潤橋・鮎の瀬大橋そして内大臣橋。全て緑川水系に架かる橋なのですが、
一つの川に架かる橋だけでこれだけ見どころが有るのもなかなか面白いです。

これから本格的な紅葉の季節です。
是非ともドライブルートに橋巡りなんかは如何でしょうか??



最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
お忙しいとは思いますが何卒…ちょこっとだけお力をお貸し下さい♪
(最近押して頂いている方がいるみたいで…凄い励みになります!ありがとうございます)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

category: 熊本県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

日本一石橋の多い県 その6(鮎の瀬大橋)  

前回までは石橋についてお話してきましたが、
今回は、石橋ではなく最近造られた橋とその周辺についてご案内します。
(2011.10.8訪問)

場所は霊台橋,通潤橋と同じ緑川水系の川に架かる橋です。

今では観光に訪れる方もいるそうです。

という事で、こちらが今回紹介する橋です♪
IMG_8919.jpg
形は本当に綺麗です。


この橋の名前は「鮎の瀬大橋」と言います。
IMG_8924.jpg
この橋、農免道路なのですが、農免道路でこの橋は本当に凄いですね。




IMG_8923.jpg
このようなワイヤーによって支えている橋を「斜張橋」と言います。




橋上から周囲の景色
IMG_8922.jpg
最深部が140mもあるのでさすがに景色も最高です!!
紅葉時にはこの一帯の渓谷美が楽しめそうです♪

橋のすぐ近くに「鮎の瀬交流館」なるものが…
IMG_8930.jpg
野菜やお土産が置いていた他に、ちょっとした食事も出来ます♪
地元の方も結構訪れていましたよ。

ちなみに私はここの駐車場に停めて橋をじっくり見てました♪




ちょっと気になるものが…
IMG_8925.jpg
山都町のB級グルメ「山都コロッケ」の一つだそうです。


中身は「菅」という集落に伝わる郷土料理「かすよせ」をコロッケにしたものだそうです。
IMG_8929.jpg
材料は大豆を挽いたものにかぼちゃ、サトイモ、人参、シイタケなどが入っています。
これぞ「ヘルシー料理」と言われるものですかね♪


ちなみにコロッケに関しては下記サイトからご覧ください♪他にも種類が沢山ありますよ!!
☆山都コロッケ街道☆




交流館から少し離れると棚田が広がります。
IMG_8932.jpg




私が来たときは稲刈りが始まって間もないくらいでした。
IMG_8933.jpg




吹き抜ける風が心地よく、辺りも静かで居心地は良かったです。
IMG_8935.jpg




奥に鮎の瀬大橋が見えます。
IMG_8938.jpg
橋のお蔭で、地元の方の交通の便は計り知れないくらい良くなったとか。
(一説には対岸渡るのに4,50分近く短縮したとか…聞いたけど忘れちゃいました^_^;)




お気に入りの一枚です
IMG_8943.jpg
本当にいい時期に来れました。




最後に遠目から1枚。
IMG_8946.jpg
くまもとアートポリス構想により技術は勿論、デザインもかなり重視したとか…
そのせいか、遠くから見ると斜張橋が自然に上手く馴染んで見えます。


最後に…鮎の瀬大橋に関するサイトですので、宜しければご覧ください♪
☆鮎の瀬大橋(地図付き)☆



という事で今回はこれにて終了です。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!





ポチッと♪
お忙しいとは思いますが何卒…ちょこっとだけお力をお貸し下さい♪
(最近押して頂いている方がいるみたいで…凄い励みになります!ありがとうございます)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

category: 熊本県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

日本一石橋の多い県 その5(通潤橋)  

今回は、ちょっとしたおまけ編です。



橋上からの景色
IMG_8845.jpg
辺りは棚田が広がってます♪




名前の由来
IMG_8839.jpg




通潤橋を模った水飲み場が有ります。
IMG_8897.jpg
奥には古民家が有ります




「平行三線づくりの民家」とありますが…
IMG_8911.jpg
三線が作れる施設…ってことでいいんだよね^_^;



民家の前には山車が…
IMG_8898.jpg
八朔祭で使われたみたいです。
当時くまもんって今ほど有名じゃなかった気がする…^_^;
ひこにゃんとかセントくんが大人気だった気がする(訪問時は2011.10.8です)
それでも熊本では大人気だったのかな??




古民家付近に咲いてました。
IMG_8900.jpg




ちょうどコスモスの季節でしたね♪
IMG_8908.jpg
ちょっと好きな1枚かも(笑)




これ見たこと有ると思いますが…
道の駅の軒先で販売してました♪
IMG_8913.jpg
名前はお分かりでしょうか??







答えは…↓↓







この色でナス科っていうのが驚きですよね。
IMG_8912.jpg




最後に1枚♪
IMG_8895.jpg
秋を感じる一枚です。
まだ稲刈り始まる前でよかったです♪




という事で通潤橋は今回で最後です。






通潤橋と霊台橋を造った種山石工出身の橋本勘五郎を中心とした方々…
実はこんな橋にも携わっているんですよ~



それがこちらです!!





IMG_0100.jpg
ちょっと驚きましたか??


そしてこの橋も…





万世橋
IMG_2333.jpg
マーチに行った時にたまたま撮ったものなので、全体像は無いです^_^;
スイマセン…


今ある橋を造った訳では無いと思いますが…
でも、ここ以外にも旧二重橋や江戸川橋,京橋など東京の石橋の架橋にも尽力を尽くしたんです

こうのように東京にも深い繋がりがあった人なんですよ。
このことを知ると少しは通潤橋も身近に感じた方もいらっしゃるかと思います♪


個人的に、中学校の地図帳を見た時からずっと行きたかった場所だったので、
叶えることが出来て良かったです!!
(何度かチャンスは有ったものの、放水時期とうまく被らなかったんです。)


是非ともお勧めの観光スポットですので、是非とも熊本旅行の際は是非とも訪れて見て下さい♪


最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
お忙しいとは思いますが何卒…ちょこっとだけお力をお貸し下さい♪
(最近押して頂いている方がいるみたいで…凄い励みになります!ありがとうございます)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

category: 熊本県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

日本一石橋の多い県 その4(通潤橋)  

今回はいよいよ通潤橋一番の見所「放水シーン」です♪
(2011/10/8撮影)

※今回は写真多めです。
 スマホの方はちょっと重いかもしれません^_^;


ちなみに放水は一年中行われている訳ではありませんのでお気を付け下さい。
IMG_8810.jpg

なお、詳細な情報に関しては下記サイトをご覧下さい!!
☆山都町観光ナビ☆





ここからは放水シーンです♪
動画ではないので1枚1枚観ていってください(笑)


上流側から出始めた瞬間です。
IMG_8854.jpg

IMG_8855.jpg

IMG_8856.jpg


下流側からも出始めました
IMG_8857.jpg


上流側は放水口は2つです
IMG_8858.jpg




上流側の様子♪
IMG_8865.jpg


放水口の目の前。
IMG_8875.jpg
実は栓してただけという…


反対側も同様です。
IMG_8881.jpg




今度は収まっていくシーンです。
IMG_8886.jpg

IMG_8887.jpg

片方だけになりました。
IMG_8888.jpg

徐々に弱っていきます。
IMG_8889.jpg




こちらはたまたま写っていた放水前の準備作業(だと思われる)光景
IMG_8840.jpg


という事で通潤橋一番の目玉「放水シーン」は終了です。
次回で通潤橋は最終回です。



最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
お忙しいとは思いますが何卒…ちょこっとだけお力をお貸し下さい♪
(最近押して頂いている方がいるみたいで…凄い励みになります!ありがとうございます)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

category: 熊本県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。