じゃぱんますたー ホーム »長野県
カテゴリー「長野県」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

切明温泉 その3  

今回はいよいよ切明温泉の手掘り温泉を(ちょこっと)ご案内して参ります♪
(2013.10.29訪問)



茂みと茂みの間から手掘り温泉が目の前に現れました!!
切明温泉 (10)
看板があるものの手掘り温泉を案内するものでは無いのでちょっと迷ってしまいますが、
この看板が目印です♪
更に辺りがが薄暗いと余計に分かりにくいかもしれません。




そしてこちらが切明温泉の手掘り温泉の全容です♪
切明温泉 (11)
源泉は各所で湧き出ているようなのですが、大体浅めのあたりで湧き出ているようです。
また源泉の勢いが場所によって強さが違うようです。

川の水量もこれぐらいであれば問題なく温まることが出来ますが、
これよりも水量が増えてしまうと源泉自体が奥の川底へなってしまい温度が低くなります。

ちなみに・・・写真の円形のコンクリの置物は昔地元の方が湯船を造ろうと置かれたんだそうです。
ただ、2004年の新潟県中越地震、2007年の新潟県中越沖地震、そして2011年の長野県北部地震等の数々の大地震により、源泉の場所も変わってしまったそうです。




本当は全身浴する気満々だったのですが辺りが暗くなり始めていたためしぶしぶ足湯だけに・・・。
切明温泉 (12)
幸いに前に来られていた方が掘って頂いていたので私は自分の手で掘ることなく温泉を楽しみました(笑)
(手掘り温泉の楽しみは半減ですが…)
でも凄いときはもっと大きな湯船を掘られているときもあるんだとか・・・

掘られる際は初めに源泉の場所を確認されてからうまく川の水の流入箇所を造りながら壁を造っていきます。

と、これまでの数々の情報・・・
実は地元の方が一人だけいらっしゃったので色々とお話を聞かせて頂きました♪
最初はぎこちなかったですが、北海道での温泉話をしていたら色々とお話してくださるようになりました。

その中で、最近は手掘り温泉に来られる方も観光客の方が増えたのはいいけどマナーが・・・
と言ったお話も聞かせて頂いたりしました。
確かに元々地元の方々がメインで入浴されていたところに、
急に観光客が多くなると少々戸惑ってしまいますよね...

でも、それはここ切明温泉だけの問題では無い気がします。
現在は日本各地の観光地で観光客のマナーの悪さが聞かれるようになってきました。
とはいってもゴミや騒音等のよくある話です。

旅行に行ったら羽を伸ばしたい気持ち・・・とても分かります!!
でも、そこは観光地である前に生活の地であることも忘れてはいけません。
観光地に住んでおられる方々にとって観光客の人は宿泊・飲食・お土産などで
お金を置いて行ってくれる大切なお客様なのであまりきつくは言えません。
だからこそ、こちら側の心構えが問われるのではと思います。

皆さんもスマートでカッコいい旅人を目指しましょう♪(^^)



と言う事で今回で切明温泉は終了です。
スコップ?!シャベル?!は各施設でもお借りすることが出来るそうです。
ただ、毎日地元の方が入られているようなのであまり掘らなくても良いかもしれません^^;
(それが醍醐味の一つのハズなのですが…)

また周囲には脱衣所などは一切無いので、
水着で入浴される方は予め着替えて行かれることをお勧めします。
また脱いだ服や物の置き場に困るかもしれないので、予め袋や敷物など持っていかれると良いかもしれません♪


最後に・・・手掘り温泉へ行かれる際はくれぐれもお時間にはお気をつけ下さい。
まだ明るいと思って行っても帰るときには既に暗くなってしまい形態の明かりを頼りに歩く羽目になりますのでお気をつけ下さい(笑)


ラストショット♪
切明温泉 (13)
足湯をしながら撮った写真です(^^)
最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


スポンサーサイト

category: 長野県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 8

切明温泉 その2  

本日はいよいよ駐車場から川沿いの手掘り温泉を目指します。
切明温泉 (4)
(2013.10.29訪問)




しばらく川沿いへ降りていくと少々古そうな吊り橋が・・・
切明温泉 (5)
こういうちょっとしたところでも秘境感を味わえます♪

ちなみに・・・秋山郷には信濃川の源流の一つ「中津川」が流れています。
この川を渡る為の橋が各所で設けられてますが、その橋の周辺が紅葉の見どころスポットとなっています。

その中でも特に注目すべき橋は「見倉橋」。
こちらも吊り橋なのですが、造りは木製なのでとても味があり、
周囲の景色とマッチしたまさに見るものを感動させてくれる橋です。
(詳細はこちら♪⇒☆見倉橋☆)




その柵をよくよく見てみると
切明温泉 (6)
「ようこそ秋山郷へ」と書かれています。
こういう細かい部分をついつい見ちゃうんですよね(^^)

この橋は一枚目の写真の橋の前に使用されていた橋なのでしょうか??




こちらは下流側の景色です。
切明温泉 (8)
このあたりで雑魚川と魚野川が合流して中津川になります。
また右側になる白い建物は切明温泉にある宿泊施設の一つ「切明リバーサイドハウス」です。

実は切明温泉周辺も紅葉の見どころスポットがいくつかあり、
上部の橋からは夫婦岩や夫婦滝を見ることが出来ます♪
(紅葉時は特に綺麗です!!)




こちらは上流(手掘り温泉のある方)側です。
切明温泉 (7)
ここからはまだ温泉は確認出来ません。
(確認できるのも見られちゃうのでちょっと嫌ですが…(笑))




橋を渡りきるとこのような看板が出てきます。
切明温泉 (9)
ここからは川沿いに歩いていきます。
ところどころ滑りやすくなっていたりするので要注意。




川沿いを歩くこと約3分・・・
切明温泉 (10)
いよいよ手掘り温泉が目の前に!!
「旅籠 雄川閣」の駐車場から歩き始めて5分ちょっとで到着です♪

と言う事で今回はこれにて終了です♪
次回は手掘り温泉についてご案内して参ります(^^)

最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


category: 長野県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

切明温泉 その1  

今回は長野県の山奥にある「切明(きりあけ)温泉」をご案内して参ります♪
(2013.10.29訪問)



場所はこちら♪

地図をご覧頂くとお分かりになりますが、高速道路からも鉄道からも離れていて、
まさに山のど真ん中といったところです^^;
切明温泉は最後の秘境と言われている「秋山郷」の最深部に位置し、
「手掘りの温泉」で知られている温泉地です。

今回はその手掘りの温泉をご案内して参ります♪




こちらは切明温泉にある施設「旅籠 雄川閣」です♪
切明温泉 (3)
こちらの施設は日帰り温泉施設はもちろん宿泊やお食事も行っています。
お車で来られた方はこちらの駐車場をご利用ください。




雄川閣にはこのように手掘り温泉の案内看板も道路から見えるように貼られています。
切明温泉 (2)
分かりやすい看板で非常に助かります♪




そして上記施設の裏側に手掘り温泉の入口があります。
切明温泉 (1)
ということでこの先はまた次回ご案内します(^^)

最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!



category: 長野県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

日本初の高速温泉  

今回はサービスエリアに湧く天然温泉をご案内します♪
(2010.1.8訪問)

と言っても昨今のサービスエリア・パーキングエリアのメディアへの出演っぷりを考えると、
ご存知の方も多いかと思います。



今回ご案内させて頂くのはコチラです♪
IMG_0084.jpg
諏訪湖サービスエリアにある温泉。
その名も「ハイウェイ温泉諏訪湖」です♪

何気に「ハイウェイ温泉」って名前…のんびり浸かれそうにない温泉みたいです(笑)
(ハイウェイですからね^_^;)

実は日本初の高速道路での温泉施設なんですよ♪
1992年11月29日に完成したようで、もうじき21年が経過します。



外観はこんな感じです♪
IMG_0083.jpg
サービスエリアの本館からは離れた建物です。

建物内は残念ながら写真を撮ってきていません(>_<)
でも、温泉は建物2階になりまして、実際に諏訪湖を観ながら温泉に入ることが出来ます。
(ちなみに内湯のみです)




建物の外からですが、景色はこんな感じです♪
IMG_0093.jpg
この通り夜景もバッチリです♪
さすが桂由美の恋人の聖地にも選ばれているだけあります♪

ただ、浴室の中からだとあまり見れませんでした。
なので諏訪湖見ながら浸かりたい場合は昼間がおススメかもです。




そして、こんなお土産を購入。
諏訪湖SA
限定タオルです!!
実は私、何気に各温泉地に行くと必ずタオルを買って帰るという習性がついておりまして、
この時もしっかりと記念に買って帰りました(*^_^*)
(プリンターにタオルを読み込ませたらなかなか鮮明に映っていてビックリです(笑))





ちなみに…
私が行った時はトラックの運転手さんが結構利用していました。
長距離ドライバーにとってはまさにハイウェイオアシスですね♪

また、浴室にはシャンプーなども置いてあるので即席で入りたい方にもおススメです♪


ただし!!
他のサイトに有ったコメントなどをみていくと、

塩素臭がするとか…
狭いとか…
排湯音がとか…

色々と書かれていました。

私は「SAに温泉が有る!!」ってだけで大満足で喜んでましたが…^_^;
(むしろここ入る為だけに行きましたから(笑))
期待高くしていくとちょっとガッカリするかもしれません。


簡潔に情報を書いておきますと…

ハイウェイ温泉諏訪湖(下り線名古屋方面)※私が入浴した方です
大人575円(小人262円)

ハイウェイ温泉諏訪湖(上り線東京方面)
大人595円(小人262円)

時間はともに平日10:00-21:00/土日祝日9:00-22:00


ここでちょっとだけマメ情報…
ご覧頂くとお分かりの通り、上りと下りで料金が若干異なるんです♪
実はこれ、住所が上りが岡谷市で下りが諏訪市と異なります。
その為、自治体によって入湯税が異なるので料金にも差が出てきているのです。



ちなみに、その市境がコチラ。

左側が岡谷市で右側が諏訪市です。
こうやって見るとなぜか「おしいなぁ」って気持ちになります(笑)


上記以外の温泉の詳細に関しましては下記をご覧ください♪
☆ハイウェイ温泉諏訪湖(上り線)☆
☆ハイウェイ温泉諏訪湖(下り線)☆


という事で今回はこれにて終了です♪


ぷらっとパークもついていますので、下道からでもSAへ入ることが出来ます。
 違う場所ですがこんな感じです。
NCM_0083.jpg
この写真の後ろには駐車場も有りました♪




最後までご覧頂き誠にありがとうございました!!




ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

category: 長野県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

雪の回廊その2 (春の乗鞍)  

今回は前回の続きで雪の回廊をお届けします♪
(2010.5.5)




枝が雪の壁に刺さっているのが分かりますか??
IMG_0266.jpg
この枝の部分が約1m70cmぐらいです。
※自分の身長です(笑)




こうみると壁も3m以上はありそうですね
IMG0268.jpg


モニュメント(笑)
IMG_0273.jpg
自分と同じくらいの目の高さに置いてみました^_^;

一緒にバスに乗っていた方々は早々に引き揚げていく中、一人でこんな風に楽しんでました(笑)



奥にショベルカーを発見
IMG_0257.jpg


ショベルカーの爪跡が
IMG_0263.jpg

なんかこういうところで見ると勇ましく見える・・・・・気がする(笑)
IMG_0264.jpg



再び山荘前に戻ってきて最後にパシャり。
IMG_0255.jpg
毎度おなじみの「アルピコ交通」です。
バスのカラーも派手にしないのもこういう自然豊かなところを走るという前提が有るからなのかな??



バスで再び三本滝へ戻ってきた後はマイカーに乗り「一の瀬園地」へ向かいます。




目的はこちらです♪
IMG0280.jpg
そう!!山の春と言えば… 「水芭蕉」です。



「しるふれい」のおかみさんが「この時期(5月上旬)なら水芭蕉が見れるよ」と教えてくれました♪
IMG_0284.jpg
一之瀬園地は水芭蕉の群生地として有名だそうです。
が、しかし…昔と比べると格段と数が減ってしまったとの事・・・・・・寂しい限りです。



ぶれちゃったよ(T_T)
IMG_0279.jpg
ひょっとしたら水芭蕉を生で見るのはこの時が初めてだったかも…
少なくとも自然に咲いている姿は初めてでした



花びらの白さが優美に見えますね♪
IMG0282.jpg
季節的にも元気な姿を見ることが出来て良かったです♪

という事で乗鞍編はここいらで終了でございます。

※一の瀬園地は、他にも写真を撮ったんですが、途中でSDカードの容量が足りなくなってしまい…泣




一之瀬園地周辺の情報サイトです♪参考までに。
一之瀬園地




地図も載せておきます♪

「S」の部分が一の瀬園地です。
県道84号線から車で5分ほどで着きます




バスもあります♪(下記はpdfファイルの地図、分かり易い地図です♪)
☆アルピコ交通☆
本数がそんなにないので徒歩やレンタサイクルで廻られるのも良いかも知れません。
自転車道も車道と別に有るので安心です。



そもそもこれから冬支度に入ろういう時に逆に春から夏の乗鞍を紹介してしまいました^_^;

それでも、もし当ブログを観て下さったら是非とも一度足を運んで見て下さい♪





最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!





ポチッと♪
ちょことでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。

本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

category: 長野県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。