じゃぱんますたー ホーム »2015年01月
2015年01月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本唯一?!和紙のショールームがあるお店♪ その1  

今回は和の伝統を存分に味わうことの出来るお店をご案内します♪
(2014.10.30訪問)


皆さんは「和」と言うと皆さんはどのようなものを思い浮かべますか??

和食・和菓子・和室・・・・・・・

私たちの生活の中には様々な「和」が溢れています♪


今回ご案内するのは東京の伝統工芸品の代表物「江戸からかみ」を中心に取り扱っている会社
「東京松屋」の本社ビル内をご案内して参ります♪

からかみとは、漢字で書くと「唐紙」と書きます。
昔から京都と江戸で生産が盛んで、現在では主に「京からかみ」と「江戸からかみ」に分けられます。
この唐紙の使用用途は「襖(ふすま)」です。

唐紙の発祥は漢字からもお分かりかと思いますが、元は唐の国で作られていたものでした。
それが平安時代に京へと伝えられたのが始まりとされています。
その後江戸時代になり、本格的に江戸が栄えていく際に江戸城を始め、各大名屋敷や寺社などでからかみの需要が増大したことから、京の唐紙師が江戸へと移住し作り始めたのが「江戸からかみ」の始めされています。

現在は襖以外にも観賞用やメモ帳、唐紙を貼った漆器等様々なものに使用されております♪




今回ご案内する「東京松屋」の場所はこちら♪

地下鉄銀座線「稲荷町駅」が最寄駅となります。
ただ、上野駅からも徒歩10分ほどなのでJRをご利用の方は
散策がてら歩いて来られても良いかもしれません♪




そしてこちらが今回ご案内させて頂く本社ビルとなります。
東京松屋 (30)
とてもスタイリッシュな形をしている建物で、外観から既に興味を惹かれています。
4階までは会社のフロアーで5階より上は集合住宅となっておりそうです。
集合住宅のお部屋は、なんと「江戸からかみ」や「和紙」「明かり障子」を使用したお部屋作りになっているんだそうです♪
しかも現在入居者募集中だそうです(笑)
(詳細はこちら→「東京松屋ユニティ」入居者募集の案内)
まさに建物全体が江戸からかみ尽くしですね(^^)

ちなみにこちらの建物「G」マークが目印の「グッドデザイン賞」を受賞した建物なんです♪
しかもこの建物を設計された事務所「河野有悟建築計画室」がこの建物の11階にあるそうです。




こちらが入り口。
東京松屋 (29)
目の前には都営バス「東上野6丁目」の停留所が目の前にあります。
建物前を通過する方も建物内が気になるようで歩く速度を緩める方や足を止める方をよく見かけます。
私もそのうちの一人で、好奇心を抑えきれずに店内へ(笑)




ということでいよいよ店内へ入ってみます。
東京松屋 (28)
1階はショップとなっており、早々に色とりどりの江戸からかみがお出迎えです(^^)





大変豊富な種類を取り揃えており、眺めているだけで購買意欲が高まってきます♪
東京松屋 (31)
絵柄も数多くあるので見ているだけで時が経つのを忘れてしまうほど美しさに魅了されるからかみばかりです!!
お値段も手頃なものなのでお土産にも良いかもしれません♪
個人的には「からかみのテーブルクロス」がおススメです(^^)
何枚かセットになって販売されているので、ご自宅でお客様用やお祝い時に使用されるのも良いかもしれません。




そしていよいよ2階へ・・・
東京松屋 (27)
階段部分の壁にも青と白の和紙が貼られています♪
とても優しい感じがしますね(^^)



と言う事で今回はここまで。
次回は2階から上のショールームを少しずつご案内して参ります。

東京松屋さんのサイトは下記となっております。
☆東京松屋☆
詳細につきましてはこちらのリンク先をご覧ください♪
より詳細な歴史なども記載されています。

最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


スポンサーサイト

category: 東京都

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 3

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。