じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 岡山県 »吹屋 その8 旧片山家住宅編

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

吹屋 その8 旧片山家住宅編  

前回は旧片山家住宅の1階をご案内させて頂きました。
今回は2階と蔵などご案内していきます。





さて、1階から2階へと移動します…って。。。
IMG_4361.jpg
すぐには階段に見えないわ~
むしろ引き出しがあるから収納スペースにも見える。
しかも手前にふすまがあるとか…本当に階段なのかな^^;
張り紙が無くふすま閉じてたら間違いなくみんなスルーするね(+_+)

※ふすまは分かり易くするために、ちょっとだけ閉じてみました(笑)

さらにワクワクさせながらどキツイ階段を登る。

2階から見るといかに角度が急かがお分かりになると思います。
IMG_4370.jpg
郷土館の階段より急だった気もする。。。



階段を上がり先に進みます。


増築の跡なのかな??
IMG_4368.jpg



なんか凄い設計になってますね~
IMG_4364.jpg
なんでこの段差が必要なんでしょうか??



一番奥が夫婦部屋なのですが…
IMG_4362.jpg
雰囲気が隠し部屋みたいになってますよね(^_^;)
手前の「後継者部屋」という名前も気になりますが…


次は主家見学から蔵の見学をしていきます。
それにしても面白くて見応えある主屋でしたね




白壁の蔵が米蔵。その手前が弁柄蔵です。さらに米蔵の奥が主屋です。
IMG_4347.jpg
弁柄色の石州瓦が空の色と合ってますね~
ちなみに左側の木々は庭です。



こちらは主屋側から。
IMG_4340.jpg



弁柄蔵の中へ
IMG_4343.jpg
撮れた弁柄を販売するまでの様子です。
赤着を着ていないと大変なことになりそうです。



当時使用されていた道具類も展示されています。
IMG_4344.jpg




運搬のために出入り口は広い
IMG_4341.jpg
(光で見えにくいですが外に見える建物は仕事場及び部屋)



蔵の目の前の石畳も赤い
IMG_4351.jpg



仕事場及び部屋
IMG_4348.jpg
屋根の支え木が独特の形ですね






さらに奥へ進んでいくと2つの蔵と倉庫があります。


左側が道具蔵で、右が弁柄箱
IMG_4345.jpg
弁柄箱は、弁柄を入れる木箱の保管場所でした。
今は弁柄を使用した焼き物や、資料、その他色々と展示してあります。


別角度から
左が弁柄箱、右は玄米蔵。手前の壁が道具蔵
IMG_4346.jpg



以上で旧片山家住宅は終了です。
IMG_4349.jpg

吹屋観光の中核を担うスポットだと思います。是非とも時間を掛けてゆっくり観光されるのをお勧めします♪
郷土館と旧片山家住宅は道を挟んですぐで、共通券も販売してます。





いよいよ吹屋の旅記録も終盤です。
もう少しだけべんがら日記にお付き合い下さい(笑)



最後までお読み頂きありがとうございました!!
スポンサーサイト

category: 岡山県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/115-7a49dd8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。