じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 静岡県 »薩唾峠

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

薩唾峠  

今回はいよいよ初上陸の静岡県です♪
(2009/4/11撮影分)


今回は静岡県の観光名所の中でも、やはりちょっとマイナーなところです。
さて、その場所はというと…
0005.jpg
薩唾峠です!!!
この読み方は「さったとうげ」と申します。
「唾」という漢字は変換でもなかなか出でこなくて大変でした^_^;


この峠が一体どこに有るのかと申しますと…
0002.jpg
知られている都市名で言うと清水と富士の間ですね。


ところどころ、ミカン運搬用のレールを目にします。
0003.jpg





そしていよいよ東海道五十三次の櫃にもなっている峠の景色です。






それがこれだ!!
0004.jpg
この形式を見て「あぁ~ここか」とお分かりになる方もいると思います。
ここは鉄道の撮影もそうですが、高速道路のパンフの写真等にもたまに載ることが有ります。

様々な景色を見てきましたが、ここの景色は本当に大好きな景色です。
100位まで選べと言われたらトップ10には入ると思います。
周囲の景色が抜群に良いのは言うまでもありません。
それ以外に、日本の大動脈である東海道本線,国道1号線そして東名高速を「ギュッ」と束ねている感じが鉄道,道路両方好きな人にとっては最高の景色だと思います


霞がかっているもののなんとか富士山も写ってくれています^_^;
※もちろん、たまたまではなく東海道線が来るまで待ちました。ちなみに211だったかな(笑)




これは海と桜と東名の写真
0007.jpg
桜の季節はこんな風景も楽しめます。


頂上付近には駐車場が数台分あり、公衆トイレもあります。
駐車場は特に狭いのでご注意を♪
また、バスは有りません。

ここで車でお越しの方にちょっとだけ注意が…

国道1号バイパスを富士方面から来られると中央分離帯が有るので、行くのがちょっと面倒です。
かなり手前から右折できるところでするしかないと思います。
(東名で東京方面から来られるのであれば、清水インターまで行かれた方が良いかも…)


バイパスを清水から来られた方。

下記の「寺尾」ところで左折(と言うよりバイパスからそのまま県道396号へ入る??)されるのをお勧めします。

大きな地図で見る

東海道線を渡った後、来た方角へ少々戻る事にはなりますが、看板も有るので、こちらを利用されることをお勧めします。

手前から左折できるところもあるのですが…
・バイパスを走っており、流れが速いので見逃してしまうかも
・曲がるところに信号機はあるがちょっと分かりにくい
・左折し、踏切を渡った後、道が狭く、対向車が来たらどちらかがバックしなければならない。
・またその先に鋭角に曲がらなければならにい箇所が有るが、かなり無理が有るので結局転回できる場所を探す羽 目になる。

という様々な理由により、急がば回れではないですが、「寺尾」の交差点まで行かれた方が良いです。
(実は…私は手前で曲がってしまい失敗しました…)


また、山を登る時、道が狭いのでちょいと大変だと思います。


※見れる方はグーグルストリートビューをみて確認されることをお勧めします。




でも景色は本当に最高なので、ドライブ先に困ってる方がいましたら、是非とも行って見て下さい♪







最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!








ポチッと♪
お忙しいとは思いますが何卒宜しくお願いします♪


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 静岡県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 6

コメント

No title

さつた峠の薩は出せるけれど

は、どうしてもだめでした。
天才ですね!!

おかはん #- | URL
2013/12/19 20:38 | edit

天才では無いです^_^;

難しい漢字は…

1.「た」と入力する
2.スペースを2回押して変換したい漢字欄が横に出てくる
3.ここで「F5」を押す
4.IMEパットが表示されるので
5.左側の「部」という文字をクリック(部首から絞っていく方法です)
6.埵は土へんなので、3画→3画のところから土へんを探しクリック。
7.あとは、根気強く探していき、探し当てたらその漢字をクリックしENTERキーを押すと文面に表示されます。
 (ENTERキーは忘れずに押してください)

という流れで書いてみました。(分かりにくかったらスイマセン(>_<))
他にも部首から絞る以外にも手書きや総画数からも絞っていけます。
(上記5番の時に「画」という文字を選ぶと総画数,鉛筆を持っている絵を選ぶと「手書き」になります)


ただ、この「埵」という漢字はメジャーな漢字ではないので、
見られる方によっては文字化けしてしまう可能性もあるそうです。
(他の文字でもなんとなく他の字とフォントが異なるものは文字化けしてしまうかもしれません)
なので、カタカナもしくはひらがなの方が良いかもしれません^_^;
(長文失礼しました!!)

Japan Master #- | URL
2013/12/20 09:55 | edit

No title

できました
お世話になりました
ありがとうございます

おかはん #- | URL
2013/12/20 17:07 | edit

Re: No title

出来ましたか?!良かったです(^^)
こちらこそ分かりにくい説明書きでスイマセンでした^_^;

Japan Master #- | URL
2013/12/21 10:27 | edit

おお!薩埵峠!

初めまして。
だいぶ前ではございますが、私のブログへご訪問いただきカキコしていただきましてありがとうございます。

URLを下さっていたので、早速訪問させていただきました。

日本全国津々浦々旅をされている中で、故郷である静岡県を発見しましてコメントさせていただいた次第です。

私も薩埵峠には行ったことがありますが、細くてきゅうな道を登るなど緊張した記憶があります^^;

県民でも薩埵峠からの風景は見たことがあるが、行ったことがある人は意外と少ないのではと勝手に感じていたりします。

じゃぱさまのたびブログは今後の私のたびにも参考になりそうなものがたくさんございますので、今後も訪問させていただきますね!

あ、因みに先般来ていただいたブログより旅成分多いのが
こちら【http://whimrain.blog.shinobi.jp/】だったりします。

不定期更新だったり、停滞気味だったりしますが参考?にしていただけたら幸いです。

片田舎の蜜蜂 #O3Etu3YI | URL
2014/07/02 21:04 | edit

片田舎の蜜蜂さん

初めてのコメントありがとうございます♪

蜜蜂さんは静岡県が故郷なんですか。
私にとっては近いようで遠い存在の静岡なんです。
いつも旅行に行くにしても、通過してばかりなかなかじっくり見る機会が無いのが残念で…^_^;
でも薩埵峠は、高速道路や東海道線のポスターなどで見掛けてから、
ぜひ訪れてみたいと思っていた土地でした。
でも確かに県内からもなかなか人が来なさそうな雰囲気はありました^_^;
あまり表立って宣伝してないからなのでしょうか…

しがないブログですが
これからもぜひぜひ宜しくお願いします♪

※横手経由の函館の強行スケジュールは凄まじいですね(笑)
 見ててちょっと笑ってしましました^_^;

じゃぱ #- | URL
2014/07/03 00:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/149-057accb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。