じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 青森県 »青函トンネル記念館

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

青函トンネル記念館  

さて、津軽半島の旅行日記も終盤へと差し掛かってきました!!!

本日は…せいかんとんねるきねんかぁーん←ドラえもん風に(笑)


この青函トンネル記念館。トンネルマニアの聖地と呼んでもいいでしょう
そして、日本一マニアにとっても聖地と言って間違いないでしょう


この記念館、トンネルミュージアムと体験坑道の2種類から成ります。

記念館の入場券は400円
体験坑道は1300円(乗車券が1000円、見学料が300円)

私は両方行きたかったのでセット販売の1300円支払いました。


まず、トンネルミュージアムに関しては…

青函トンネルの歴史やどのように掘ったのかが説明されています。
もちろんマニアックな感じのものまで(土木関係者なら分かるようなもの)

そして体験坑道へ…

この日はゴールデンウィークだったこともあり、朝の9時だというのに大盛況!!!
なので、乗車待ちで行列が出来るほど(笑)

そして、いよいよ地下に向けて出発!!

0097.jpg

ケーブルカーなのですが、斜めのトンネルを進んでいくのでケーブルカーも斜め(笑)
もちろん席も水平ではなく映画館見たな感じ。

というのも、実際青函トンネルの工事の際に工事用のトンネルとして使用されていたのです♪


そして8分ほどで地下に到着。


そこでは、様々な展示物が。
0094.jpg


ちなみに、ここでは団体行動が原則となります。

あくまで、推測なのですが…
・迷子にならないように
・テロ防止の為

だと思われます。

なので、常に説明してくれる係員さんと、一番後ろに監視係の係員さんに挟まれていました。


にしても、やはり湿気が半端じゃない



そして、こんなものも撮っちゃいました…

0095.jpg



え?なんなのこれは?と思う方がいらっしゃると思うのですが、
このフェンスの先に続く道こそが青函トンネルへと続く道なのです!!!!

やっぱり電車が通る音もしていた気がする...




さらにはこんな看板も…
0096.jpg




なんていう至極のひと時を味わいながら、地上へと戻ってきました。





これは、青函トンネル工事の時に開削したトンネルだそうです。↓↓
0093.jpg


駐車場から直ぐ見れますよ♪







最後に…
0092.jpg


青函トンネルは世紀の難工事と言われました。
その工事の際に多くの犠牲者の方々が居たことは忘れてはいけません。







↓↓
パンフレットや証明書などです♪
image.jpg
こういう証明書めっちゃ好きです(笑)

スポンサーサイト

category: 青森県

thread: 旅行日記

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/15-5a6db02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。