じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 熊本県 » 日本一石橋の多い県 その2 (通潤橋)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本一石橋の多い県 その2 (通潤橋)   

前回は霊台橋についてご案内しました。


今回は熊本県の石橋の本丸とも言える橋「通潤橋」についてご案内します♪
IMG_8914.jpg




通潤橋は日本最大の石造りの水路橋です。

その水路橋がこれです♪
IMG_8817.jpg


ここで通潤橋を架橋した理由を簡単に説明しますと…

上記写真の左側から右側(白糸台地)に掛けて水は流れている。

左側の大地の人は川が近くに有るのに対し、右側の白糸台地には大して川が無い為、田畑の水不足に大層困っていた。

通潤橋を架橋することにより、左側の大地から白糸大地に水を分けることができ、水不足に悩まされていた農民は大喜び。年貢の取れ高がupし、みんな潤う。




ちなみに通潤橋に関しては下記の資料館で学ぶことが出来ます♪
IMG_8809.jpg


この銅像のお方は「布田保之助」です。
IMG_8822.jpg
道路建設・改修工事や用水路の建設、はたまたお茶や養蚕の産業振興などこの周辺一帯の様々な開発事業に尽力を注いだお方です。
その中で、一番大きな事業を遂げたのがこの通潤橋の架橋と言われており、架橋により多くの人に潤いを与えたお方なのです。




布田保之助に関する情報
IMG_8821.jpg



水面に綺麗に反射しています。
IMG_8824.jpg




前回の霊台橋同様に土台がしっかりしてます。
IMG_8832.jpg
実は通潤橋は霊台橋架橋の技術を活かして造られたと言われておりメインで工事に携わったのも「種山石工の人々」だそうです。

※先に霊台橋をご案内したのはこのためでした(笑)



四角い穴から放水されます。
IMG_8836.jpg
ちなみに放水される理由は、観光用と言う訳では無いです!!
元々は水路橋の中で溜まってしまった砂利やごみ等を出すために放水したんですよ~



という事で今回はここまでです。
次回は通潤橋を渡っていきたいと思います♪


最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!




ポチッと♪
お忙しいとは思いますが何卒…ちょこっとだけお力をお貸し下さい♪
(最近押して頂いている方がいるみたいで…凄い励みになります!ありがとうございます)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 熊本県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/173-c6652931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。