じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 大分県 » 塚原高原 その2(色んな意味で危険過ぎる温泉)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

塚原高原 その2(色んな意味で危険過ぎる温泉)  

前回は塚原温泉「火口乃泉」の火口見学についてご案内しました。

今回は実際に温泉をご案内します。



今回ご紹介する塚原温泉。
実は、国内の数ある温泉の中でもトップランカーの潜在能力を秘めた温泉なのです!!

コチラの看板をご覧ください。
IMG_1060.jpg


温泉成分が非常に高いことが分かります。
例えば…

「酸性度の高さ第二位」

こちら惜しくも第二位なのですが、第一位はがん治療で有名な「玉川温泉」なのです。
ちなみに、これらに山形県の「蔵王温泉」を入れて日本三大酸泉とも呼ばれているそうです。
アトピーなどの皮膚炎に効果的だそうです。(水虫にも効くとか…)


次に…

「鉄イオン含有量第一位」

こちらは塚原温泉の含有量が456㎎に対して、
第二位に北海道の恵山温泉が217㎎,第三位に島根県にある大谷温泉150㎎と観ていくと、
かなり群を抜いて成分が濃いのが分かります。
※有名処ですと北海道の「登別温泉」等も含有量が高いみたいですね♪
鉄イオンは主に月経障害に効果が有るのだとか…


更にさらに!!
塚原温泉は日本三大薬湯でもあるのです!!(これだけ成分が濃いいので、頷ける気がします…^_^;)
コチラに関しては、「有馬温泉」「草津温泉」らと並んでの三大温泉なのです!!
※三大に…には諸説ありまして塚原温泉の代わりに新潟県「松之山温泉」が入る場合も有るそうです。

ということで…
色々と力説してきましたが、これだけのタレント選手?!(笑)が名前に出てくれば、
塚原温泉という選手の持っているポテンシャルの高さが、ちょいとは分かり頂けたかと思います。


ここが温泉の建物になります。
IMG_1072.jpg
手前の建物は家族風呂で奥が露天風呂の建物になります。
という事で今回は露天風呂をご案内します。




中に入ると…こちらが脱衣所です♪
IMG_1076.jpg




そしてこちらが今回一番の見どころ…
「露天風呂」です♪
IMG_1075.jpg
景色に関しましては…
周囲に当施設以外に目立った建物等が無いので、本当に大自然の山の中を存分に味わう事が出来ます♪

そして肝心の温泉ですが…
正直…とんでもないほどヒリヒリする訳では無いですよ^_^;
でも…切り傷の部分は「じゅわー!!!」ってきます(>_<)
これが強酸性の威力か…(実際音はならないですが…笑)

実際にアトピー治療で訪れた方は、相当の痛みを押しながら入浴するそうです。
現在でも東京から月二回来る方がいるみたいですが、かなり改善したそうです。

私も幼少の頃アトピーでしたが、ハトムギをひたすら飲んでいた記憶が有ります。
(今はどこも問題ありませんよ!!)

※浴槽の周りが赤いのは鉄分が酸化したからかな??



今回ご案内しました塚原温泉に関しましては下記のリンク先をご覧下さいませ♪
☆塚原温泉 「火口乃泉」☆

そして、上記サイト内にある地図も貼り付けておきましたので宜しければご覧下さい♪
map.gif


この施設まではラスト1㎞ぐらいはダートコースですが、ゴツゴツしたような荒いダートコースではありません。
実際にバスでも行けるくらいの道です。(駐車場も訪れた時は舗装されてませんでした)


という事で今回はこれにてお開きでございます!!


付近には由布院温泉や鉄輪温泉,別府温泉等々の強者に挟まれて、
現状では知名度においては圧倒的に不利かもしれませんが、

中身に関しては危険なぐらい高いポテンシャルを持った温泉です。

個人的にもっと沢山の方に知って欲しいと心から思える温泉でした♪





最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!




ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 大分県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 5

コメント

どこでも参上しました

じゃぱさん、参上しました。

私は富山県内しか動き回れませんが、
全国を飛び歩いて居られてうらやましいです。

リンクしてくださってありがとうございました。

これからも宜しくお願いします。


ノムさん #- | URL
2013/10/27 08:53 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/10/27 12:43 | edit

No title

塚原温泉という名前を知らなかったのが温泉好きなくせに
恥ずかしいです
泉質がすごすぎです。

酸性が強いのに ピリピリしないんですね。。

めるねぇ #cwVkW3nU | URL
2013/10/27 21:25 | edit

ありがとうございます

当ブログに参上して頂き本当にありがとうございます(笑)

富山県は写真不足という事も有り、まだ、ブログではご案内できていません。
(写真は有るにはあるのですがフィルムのものだったりするので…^_^;)

でも、ノムさんのブログは富山県への暖かな愛情を感じます。
それもあり、ついつい引き込まれるように読んでしまうのかもしれません♪

個人的にはまだ見たこと無い蜃気楼と砺波のチューリップに標準を合わせて行きたいです♪

今後とも何卒宜しくお願い致します!

Japan Master #- | URL
2013/10/28 10:53 | edit

こんにちは

コメありがとうございます♪

塚原温泉は九州の出身者の方でも知っている方は少なかったですよ^_^;
塚原高原全体が本格的な観光地としてお客さんを誘致しようと動き始めたのはまだ日が浅いみたいです。
(温泉本など何冊か見ましたが掲載されてなかったり、されてても小さく掲載されている程度でした)

私的には今回のブログで一人でも多くの方に知ってもらいたかったので、
今回めるねぇさんに知って頂く事が出来て本当に嬉しいです♪

ピリピリは微妙にはしたのですが、記憶に残るほどではありませんでした。
(ひょうっとして私の身体が異常なのかもしれないですが…)
ただ、ちょっとした傷口が有ろうものならばビリビリは容赦なく襲ってきますので注意が必要です(笑)

Japan Master #- | URL
2013/10/28 11:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/205-8b8efa4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。