じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 道東 »受け継がれるソウルフード

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

受け継がれるソウルフード  

本日は短編です!!


皆様「エスカロップ」なるものをご存知ですか??

人の名前??
観光名所??
花の名前??

色々な意見が出てくると思いますが、正解はコチラです♪
IMG_0361.jpg
食べ物でした(^_^)
(と言うか、タイトル見たら想像つきますよね(笑))

エスカロップの本場はというと…

北海道の東端に位置する都市「根室」です。
このエスカロップは根室市の郷土料理として認められ、近年はB級グルメとしても注目を浴びている逸品です♪
根室市民にとってはソウルフードですね♪
(最近では農水省が選定する郷土料理百選にも選ばれていました)


料理内容に関して簡潔に説明しますと…
ご飯はバターライスで、タケノコが入っています♪(写真をよく見ると分かります)
バターライスの上には薄めの豚カツを載せて、そこにドミグラスソースをかけています。
(上記で案内したのが白エスカと言われるもので、
バターライスでは無くケチャップライスで作られる場合も有るそうで、その場合は赤エスカと言われるそうです。)

味は美味しすぎてお替りしたくなるくらいです(笑)
ドミグラスソースのかかったカツとバターライスの合いようと言ったら…
ほっぺが落ちる以外何物でもないですよ。。。
カツも薄めの豚を使用しているので、ものすごく食べやすいです。


ちなみに!!
このエスカロップの語源は様々な説が有るそうですが、一説では「エスカロッピーニ」というイタリア風の仔牛料理から生まれたものだとか…。
また、誕生した際も漁師の早飯の為にとか、まかないからと色々とあるそうが、
メニューとしてエスカロップを売りに出し始めたのは根室市内に有った「モンブラン」という飲食店だったそうです♪
その後、モンブランは閉店しますが、そこで料理人として働いていたオーナーの何人かが各自独立をし、メニューとしてエスカロップを出しているとの事です。
その一つが「どりあん」なのです♪
(他に「ニューモンブラン」「薔薇」がモンブランから受け継いでエスカロップを作りつづけているお店だそうです)

ちなみに私は名店「喫茶どりあん」で食べました♪
IMG_0359.jpg
外観同様、内装も洋風でとても落ち着いた雰囲気で食事することが出来ました♪


他にもエスカロップが食べれるお店は幾つか有ります♪
詳細に関しましては下記サイトからご覧下さい♪
☆根室市観光協会☆



いよいよ冬が近づいて参りました。
皆様風邪を引かぬようおからにはお気を付けて…
(私は鼻に詰め物をして今パソコンに向き合っています(笑))


最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 道東

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/221-29490c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。