じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 福島県 »1000年以上の歴史ある難読温泉地

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1000年以上の歴史ある難読温泉地  

今回紹介するのは福島県にあるちょっとした秘湯です♪
(2009.8.23)




それはこちらの温泉です♪
tokusa (5)
読み方は、「木賊」と書いて「とくさ」と読みます♪
(「きぞく」としか読めない…^_^;)

なぜ、このような名前なのかと言うと…
この温泉近辺に「トクサ」という植物が自生していたからとの事。

余談ですが、この「木賊」は漢名で、和名だと「砥草」と書くのですが、
字の如く、昔は草を乾燥させた後、サンドペーパーや何枚か重ねて砥石として使用していた経緯が有るんだそうです♪
(他にも薬用としても使われていたそうですよ♪)


場所はこちらになります♪

東北地方でも南端部に位置する南会津町にあります。
高速道路からもかなり離れています。


温泉名が分かったところで、いったいどのような温泉なのかと言うと…



こんな感じです♪
tokusa (6)
とても野趣あふれる温泉地でして、多くの温泉好きも訪れているとか。。。



さらに近づくと…
tokusa (8)
この小屋も、洪水の被害が有るたびに有志の方々や温泉好きの方々が寄付して直しているそうです。
ちなみに、こちらは「岩風呂」と言われており、混浴風呂になっています。
小屋で着替えることも出来ます♪


目の前にはこんなきれいな川が流れています♪
tokusa (7)




この木賊温泉には内湯の「広瀬の湯」もあります♪
tokusa (3)




この日はどう言う訳だか空いていなかったんですよ(T_T)
(もう4年以上前のことなので覚えていませんが、開いていなかった気がします)
tokusa (4)
残念。。。。。


木賊温泉付近はこんな光景も広がっていました♪
tokusa (2)
蕎麦畑です♪
ここ木賊温泉は南会津と言う地域になるのですが、
南会津は年中を通し暑過ぎず、昼夜の寒暖の差が激しい場所でして、
このような環境がそばの栽培に適した環境なんです♪

また他の料理に、あまりに美味しくて村人が食べるのがご法度になったところから付けられた「はっとう」
この料理はそば粉と米粉を混ぜて熱湯でこね、平たく伸ばしたものだそうです。
また、少々離れたところには今や有名ブランドとなった「南郷トマト」の生産地が有ります。

上記の地図をご覧頂ければ分かりますが、基本的には行くのにはかなり時間が掛かる場所です。
付近には観光スポットとして尾瀬がありますが、それでも通常の「旅行」として行かれるのは、
なかなか手を出しにくい地域です。
しかし、「ドライブで全く知らないところに行きたい」といった方で、「時間が有る方」であれば是非ともお勧めしたいところです♪(笑)
東北道から関越道と言う形でのドライブコースも可能です。
私は素敵な景色に出会えて良かったです♪


という事で今回はこれにて終了です♪

木賊温泉の詳細情報に関しましては下記をご覧ください♪
☆南会津町 木賊温泉☆
今回お話しした内容も参考にさせて頂きました♪



tokusa (1)
最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!




ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 福島県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/223-6fdc4407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。