じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 宮崎県 »いざ先端部へ(馬ケ背編その2)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

いざ先端部へ(馬ケ背編その2)  

前回は「日本一の柱状節理」をご案内しました。

今回は馬ケ背の先端部へと足を進めていきたいと思います。
(2011.10.2訪問)


柱状節理の展望台から先端まで引き続き歩いていくと周りが開けてきました!!
IMG_7481.jpg
ここまで来ると一気に開放感が出てきます!!




岩肌にはあちこちに黄色い花が目に付きます。
IMG_7494.jpg
黄色い花の奥に見える透明度の高い海がいい感じです♪




花をアップしてみると…
IMG_7493.jpg
これはユリでしょうか。なにユリなんだろう??




風がかなり強く厳しい環境なのに、
これだけ綺麗な花を咲かせるのも本当に凄いですね。

IMG_7487.jpg
ついつい何枚も撮ってしまいました(笑)




さらに奥へ進みます
IMG_7482.jpg
先端部が見えてきました。
(所々ボコボコしているので景色に見とれていると大変なことになるので要注意です^_^;)




そして先端部に到着♪
IMG_7485.jpg
メッチャ気持ち良いです!!
でも風も強い(>_<)




左(北側)を向くと…
IMG_7491.jpg
ようやく来ました。
この光景が馬ケ背と言われる由縁です♪
(もうこれ以上は説明は必要ないですね)
同じようなところに自分もいるんですね。




そして右(南側)を向くと…
IMG_7483.jpg
地形がリアス式海岸のため非常に入り組んでいます。
よく見てみると、飛び出ている馬ケ背の表面が、前回ご案内した「柱状節理」(一つ一つが縦に長く四角い岩)で出来ているのがハッキリと見ることが出来ます。
本当に過酷な環境なんですね。

私が調べた限りでは、この辺りやもう少し北に行った北浦灘付近は太平洋を北上してきた黒潮が当たる部分だそうです。
その為、潮流も激しく波も高いという厳しい環境なんだとか…
確かに、日南海岸も鬼の洗濯岩など自然の厳しさから生まれた奇岩などが多く存在しますもんね。

※あくまで個人的な考えなので正解かは定かではないですが…^_^;



という事で今回はこれにて終了でございます♪
次回は馬ケ背からほど近い観光スポットをご案内します☆
IMG_7486.jpg
※柱状節理は日本各地で見られるものなのですが、特に有名処になると同じ宮崎県内にある高千穂峡や玄武洞,東尋坊それから清津峡などになるそうです。
今度観光に行かれたら注意深く岩を観察して見て下さい♪





最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!






ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 宮崎県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/230-06251f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。