じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 新潟県 » 最後の秘境 その8(見倉橋編その2)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最後の秘境 その8(見倉橋編その2)  

今回も「秋山郷」の「見倉橋」をご案内します。
(2013.10.29訪問)

前回は橋の前までご案内しました。
今回は実際に橋を渡っていきます♪




まずは橋を横から見てみます。
IMG_3543.jpg
ちなみに「見倉橋」の全長は「47m」高さは「14m」のつり橋になります。


反対側からも…
IMG_3544.jpg
橋と対岸の木々が一体となって見えます。




見倉橋の注意事項はただ一つ…
IMG_3537.jpg
500kgっていうと・・・・・・・・
服着て鞄持っている私が8人位ですね(いやいや…)



という事でいよいよ橋を渡っていきます♪
IMG_3549.jpg
正面から一枚。




渡り始めて早々に絵になる風景を見つけました。
IMG_3539.jpg
木の種類によってはまだ色付き始めたばかりのものもあるようです。




橋上の中央部まで来ました♪
IMG_3531.jpg
様々な種類の木々があるので、とても豊かな表情を見せてくれます。
なんだかワクワクしてきちゃいますね(^^)




こちらは歩いてきた方(駐車場側)です。
IMG_3530.jpg
吊橋なので一人で歩いていても必ず揺れます。
でも、普通に歩きさえすれば変な揺れ方はしないので安心して歩けます♪




こちらは上流側です。
IMG_3487.jpg
以前紹介した「猿飛橋」ほど、岩肌が目立ちますが、決して高くないので、
とても開放感を感じる渓谷美を楽しむことが出来ます。
(ちょっと枯れ木が目立つ気もしなくもないが…)




少しアップしてみると…
IMG_3557.jpg
岩肌の荒々しさがよく分かります。




続いて下流側です。
IMG_3491.jpg
結構川の流れは速かったです。




対岸に到着
IMG_3524.jpg
同じ正面から見た対岸の景色だと、こちら側の方が大自然の中にいる雰囲気がします
周りが木々で覆われているからですかね♪




横からも一枚。
IMG_3521.jpg
手前のカエデの葉で吊橋が見にくいかも知れません^_^;




そしてこちらにも例の条件が…
IMG_3522.jpg
よくよく思い出してみると「見倉橋」以外の吊橋でもこのような看板たまに見かけますね。




ツアー客の方々が来られると…
IMG_3542.jpg
これは重量オーバーです(>_<)
添乗員さんもこそっと注意していますが、時すでに遅し…

ちなみに…
誰もいない状態で写真を撮りたかったので、人っ子一人いない状態になるまで少々待ちました^_^;
さすが紅葉の季節という事もあり、上記のツアー客以外にもあと2団体ぐらい関西や関東から来ていた気がします。
(40~50分ぐらい待った(笑))

でも、一人で吊橋に居た時は本当に川の流れる音と葉っぱのこすれる音しか聞こえないので、
まるで大自然を独り占めできたかのような中で吊橋を堪能することが出来ました♪

もし、人が少なめの時を希望されるのならば、早朝に限りますね♪
(私は手前で時間を取り過ぎてしまい10時ぐらいになってしまいました^_^;)

という事で今回はこれにて終了です。
次回で見倉橋は最後になります。


今回のラストショットは見倉橋で撮った写真の中で一番好きな一枚です。
IMG_3492.jpg
実際に見たら錦絵みたいで思わず見惚れてしまいました。
ずっと見ていると吸い込まれてしまいそうです♪



最後までご覧頂き誠にありがとうございました!!


ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたらで結構です…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 新潟県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/243-38e60108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。