じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 東京都 »愛宕神社 その2

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

愛宕神社 その2  

今回も前回に続き東京都港区にある「愛宕神社」をご案内します。


前回は愛宕神社の石段を登ったところまでご案内しました。
IMG_3075.jpg
今回は境内を中心にご案内して参ります♪




石段を登り少し前に進むと看板と石碑が…
IMG_3024.jpg
この石碑は水戸藩士達が井伊直助を襲撃した「桜田門外の変」を起こす前の集合場所を示したものになります。
この地で成功を祈願していったのでしょうか。




看板をアップしてみます。
IMG_3025.jpg
この愛宕神社、建立は1603年
前年に関ヶ原の合戦が有り、この年は江戸幕府が開かれた年です。
江戸の防火・防災の守り神として神社を建立しました。

そして建立した人物が、幕府を開いた「徳川家康」なのです。

そのような歴史背景もこの愛宕神社の認知度が高い由縁でもあるかと思います。
(写真をクリックすると別画面で拡大写真を見れます♪)



ちなみに、看板の横にある石碑付近をよく見てみると…
IMG_3065.jpg
以前使われていたであろう石碑が台となっていました^_^;




さらにその付近の木の根が大変なことに…
IMG_3048.jpg
凄まじい生命力を感じます^_^;




丹塗りの門を前に向かって右側には「児盤水」と言われる名水が湧き出る池が有ります。
IMG_3028.jpg
とても絵になる風景です♪




児盤水の説明版
IMG_3035.jpg
建立前から池に湧き出る水は知られていたみたいですね。




別角度から…
IMG_3045.jpg
なぜボートが有るのかは…不明です^_^;




ちなみにこんな景色も見れます♪
IMG_3066.jpg
分かり易いように写真を少し加工したのですが、
緑の奥に薄っすらとビルが建っていますが、
このビルは現在建設が進んでいる「虎の門ヒルズ」です。

商業施設として様々なテナントの入店が予想されておりますが、
事務所や住宅、ホテルといった施設もビルに入るそうです♪
2014年完成予定で、完成後は多くの集客が見込まれるかと思われます♪




いよいよ丹塗りの門をくぐり本殿へ…
IMG_3064.jpg




丹塗りの門には徳川家の家紋「三つ葉葵」が存在感を出しています。
IMG_3049.jpg
どう言う訳なのか「ははー!!」と言いたくなる(笑)
(時代劇に影響され過ぎかな…^_^;)




実際目の前に来ると迫力が有ります。
IMG_3059.jpg
挙式後片付けていたので、賽銭箱はずれたままです。




最後に、本殿の横に左から「太郎坊社」「福寿稲荷社」「大黒天社」ら末社が有ります。
IMG_3033.jpg
「太郎坊社」は旅行の神様だそうで、ちゃんとお参りしてきました(笑)



以上で愛宕神社のご案内は終了です♪
本殿は山頂にあるのですが、周りが木々で囲まれているので景色は望めません。
ただ、逆に木々に囲まれているので周囲は落ち着いた雰囲気で、都心に居ることを忘れさせてくれます♪

また防火の神様として有名ですが、
関ヶ原の戦勝後に建立されたことから、戦の神様,勝利の神様としても有名で、
今でも受験生や会社員など多くの方がお参りに来られているそうです。
(上記で述べた水戸藩士達もその事も有りここを集合場所にしたとか…)


愛宕神社の詳細に関しましては下記リンク先をご覧下さい♪
☆愛宕神社☆



ラストショット♪
IMG_3073.jpg
現在では周囲はビルに囲まれていますが、江戸時代には遠く房総半島も見渡せたとか…

最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!




ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 東京都

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/272-f3164447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。