じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 山形県 »峠駅 その1(ホーム編)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

峠駅 その1(ホーム編)  

今年のお正月に行ってきた雪国旅行についてご案内して参ります。
(2014.1.4訪問)



ご案内する場所はコチラ♪
IMG_5392.jpg
山形県南部にある「峠駅」です。


福島県と山形県の県境には板谷峠(いたやとうげ)が有ります。
この峠は古くから交通路として利用されてきました。
鉄道では福島と青森を結ぶ奥羽本線がこの峠を越えていきます。

特に鉄道にとっては過酷な峠として知られ、
広島県にある「瀬野八」
群馬県と長野県の間にある「碓氷峠」
これらに並ぶ「日本三大難所」と呼ばれたことも有ります。
(現在碓氷峠を越えていた横川~軽井沢間は廃止)

板谷峠は4駅連続のスイッチバックで峠を越えていました。
峠駅はその4駅の中の一つです。
(現在は全てのスイッチバックは廃止となっています)

今回はこの峠駅にスポットを当ててご案内していきたいと思います(^^)
(写真の枚数が多いので数回に分けてご案内します^_^;)



こちらが峠駅のホームになります.
IMG_5328.jpg
スノーシェルターの中にあり、辺りはひっそりとしています。



ホームからの景色。
IMG_5393.jpg
こちらは福島方面です。




こちらが先端部です
IMG_5399.jpg
福島側はスノーシェルターからそのままトンネルへと続いています。




さらによーく見てみると…
IMG_5402.jpg
左奥に本線とは別にスイッチバックで使用されていた折り返し線のトンネルが現在でも残っています。




こちらは米沢方面です。
IMG_5389.jpg
現在のホームはスイッチバック廃止後に使用開始したホームですが、
廃止前は左側のスノーシェルター奥にホームが有りました。



本線です。
IMG_5323.jpg




アップにして見ます。
IMG_5324.jpg
暗闇の先には深々と降り続ける雪の世界があります。




じっと見ていると電車が来るとの案内があったので暫く待っていると…
IMG_5377.jpg
雪が降り続く板谷峠を力強く登ってきました。




普通電車福島行きの始発電車です。(既に7時半過ぎてますが…)
IMG_5379.jpg
峠駅のスノーシェルターへ侵入してきました。
ちなみに、板谷峠では峠駅が頂上(626m)となり、両方面とも峠駅からは下っていきます。
(奥羽本線全線でも一番標高が高い場所みたいです)



こちらは奥羽本線の花形的存在、山形新幹線「つばさ号」です。
IMG_5329.jpg
こういうところで走っている電車はかっこよく見えます(^^)




ちなみにこちらが待合室に有った時刻表です。
IMG_5407.jpg
一日6往復って…^_^;
実際に普通列車よりも新幹線の方が本数が多いのが現状です。




こちらはホーム内にある看板
IMG_5406.jpg
どこか懐かしい感じのする看板です(^^)

という事で今回は峠駅のホームからの風景をご案内してきました。

次回も引き続き駅構内を主にご案内して参ります。




ラストショット♪
IMG_5410.jpg
最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 山形県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/306-e237ae64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。