じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 神奈川県 »王禅寺 その3(禅寺丸)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

王禅寺 その3(禅寺丸)  

今回はいよいよ王禅寺最終回となります♪
(2014.1.31訪問)


今回ご案内させて頂くのは王禅寺一番の見どころになります。
その見どころがコチラです♪
IMG_5794.jpg
「柿の木」です(^^)




品種は「禅寺丸柿」と言います。
IMG_5807.jpg
この木は「国の登録記念物」に指定されています。
もちろん単なる柿の木ではありません。




実は…
IMG_5797.jpg
日本最古の甘柿の原木なんです!!

説明しますと…
発見されたのは鎌倉時代の1214年。偶然にも今年がちょうど800年目となります♪
ちなみに、この原木は450年前からだそうです。

それでは、なぜこの名前になったのかと言うと、大体お分かりかと思われますが、
発見された場所の王禅寺に柿の形が丸いことから「王禅寺丸柿」と付けられたそうで、
いつの間にか王が取れて「禅寺丸柿」と呼ばれるようになったそうです。

禅寺丸柿の栽培が本格的に始まったのは江戸時代に入った1648年頃とされ、
明治時代から昭和初期に掛けては各方面へ出荷され、
多いときには1000万トン近く一世を風靡した品種でした。
昭和40年頃から品種改良などにより富有柿や次郎柿等が出回るようになると生産量は激減。
徐々に市場から姿を消してしまいました。
その後、歴史的に価値ある禅寺丸を残そうという機運が高まり、
1995年に柿生禅寺丸柿保存会が発足され、現在まで最古の甘柿は受け継がれています。
最近では禅寺丸柿を使用したワインなども作られているそうです

また「柿が生まれた場所」という事で地名にも「柿生村」と使われていました。
現在は村自体は有りませんが、その名残として小田急線の柿生駅や柿生小学校など、
多くの場所で現在でもその名は使用されています。


確かに他の地域の方に対して「柿生」って漢字名を伝えたら、
それなりに直ぐ覚えてもらえそうですよね(^^)




このように立派な記念碑も建てられています
IMG_5809.jpg
王禅寺と禅寺丸に関する歴史が書かれています。




コチラは禅寺丸柿保存会が寄贈した記念碑です。
IMG_5795.jpg




ただ…今の時期が一番微妙な時期でした(笑)
IMG_5798.jpg
青空に何とも寂しい空気が…^_^;




とにかく柿の木と分かるようにとアップしてヘタの部分を撮ったものの…
IMG_5801.jpg
やはり微妙です(>_<)




原木の横には北原白秋の「柿生」の一句が書かれた句碑も有ります。
IMG_5793.jpg
白秋は当時世田谷に住んでいたみたいなのですが、
その際王禅寺周辺を含む柿生村の自然が大変好まれていたみたいで幾度も訪れていたそうです。
その時の気持ちを長歌として残していた一部が上記の一句だそうです。
また柿生の自然を愛したからこそお生まれた「王禅寺に憩う」はここ王禅寺で執筆されたそうです♪
※木の立札の奥にある歌碑は白秋直筆によるの柿生の一句だそうです(^^)


という事で今回で王禅寺の案内は終了です♪
恥ずかしながら川崎に長年住んでおいて今まで一回も王禅寺を訪れたことが有りませんでした。
(遠い所ばっかり旅行に行って…まさに灯台下暗しですね(-_-;))
しかし、実際に王禅寺を訪れてみると禅寺丸柿の原木だけでは無く、様々な見どころが有るのには驚かされました^_^;
今後も川崎市内に在る観光スポットもご案内出来ればと思いますので、是非とも皆様も川崎に遊びに来てみては如何でしょうか?!(^^)



王禅寺に関する詳細な情報を知りたい方は下記リンク先をどうぞ♪
☆川崎・麻生観光協会「王禅寺」☆


禅寺丸柿の詳細に関しましては下記リンク先をご覧下さい♪
☆川崎・麻生観光協会「禅寺丸柿」☆
11月の上旬には立派な実が生っているそうです♪



ラストショット♪
IMG_5810.jpg
最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 神奈川県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 4

コメント

こんにちは

立派な柿の木ですね~いっぱい実を付けていたら最高でしょうね(*^_^*)
今回は、ちょっと寂しい感じでしたけどね(^_^;)
柿のいっぱい実を付けてる時期に、行ってみたいですね^_^

mama #- | URL
2014/02/24 11:30 | edit

柿生、覚えました♪

日本最古の甘柿の原木…
これもじゃぱさんのNo1のひとつですね♪

由来を知るって楽しいですね~。
なんかすんなりと柿生の名覚えちゃいました^^

ヘタのアップ… 
伝えたい気持ちの写真って好きです^^

ラストショットのお庭も、いかにも鄙びたお寺の早春の風情で…
こんな所のんびりお散歩したいです~。

遊歩憧 #- | URL
2014/02/24 11:35 | edit

mamaさん

実がついていたら…

もう本当にこの差が大きいですよね~^_^;
あのヘタだらけの木を観てたらただでさえ寒いのに、
余計に寒々しく感じちゃいました(笑)

次は柿が沢山なっている時にお邪魔したいです(^^)

じゃぱ #- | URL
2014/02/24 22:31 | edit

遊歩憧さん

このブログを通じて覚えて頂いて光栄です(^^)
このお寺は元々最古の甘柿が有るという事で観に行ったわけですが、
まさか他にも様々な由縁があるお寺だとは思わなかったです。

今度はヘタだけではない、まん丸の実を付けた状態で再び来たいと思います♪

私も最後の写真はお気に入りの一つです(^^)

じゃぱ #- | URL
2014/02/24 22:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/314-9d6fe670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。