じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 東京都 »日本橋(その3)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本橋(その3)   

いよいよ今回で日本橋編は最後になります。
前回まで日本橋の北詰と南詰をご案内して参りましたが、今回は橋上をご案内して参ります♪
(2014.2.5訪問)


簡単に日本橋のプロフィールをご案内します♪
日本橋橋上 (18)
完成は1911年(明治44年)
全長は49.1m
全幅は27.3m
構造は石造り二連アーチ橋
使用された石材は稲田石(花崗岩)

稲田石は茨城県笠間市稲田を原産とする石なのですが…
「最高裁判所」
「明治神宮」
「三井銀行本店」
「平和都市記念碑(広島)」等々
数多くの重要建築物に使用されている石材なんです♪




橋上での見どころと言えばこれです♪
日本橋橋上 (9)
青銅で作られた柱です(^^)




最初は橋の両端にある柱「親柱(おやばしら)」からご案内します♪
日本橋橋上 (1)
親柱には獅子がいますが、これは守護を意味しています。
また獅子が持っていうる円盤のようなものは東京市の紋章だそうです(^^)
この紋章は現在でも東京都が使用しています♪
(ちなみによく見かけるイチョウの葉の形をしたマークはシンボルマークだそうです)




獅子の下に書かれている「日本橋」と言う文字は西側(花の広場,元標の広場)にある親柱は漢字で、東側(滝の広場,乙姫広場)はひらがなで書かれています。
日本橋橋上 (16)
この文字…彼の徳川15代将軍「徳川慶喜」が書かれた文字(揮毫)だそうです!!
道路元標で触れた佐藤栄作さんもそうでしたが名前を聞くとやけに立派に見えます(笑)

ちなみに…
獅子は日本橋に32体いるんです♪
32体全ては撮れていませんが、この記事の終わりに発表しますので、
宜しければこれから出てくる写真も含め考えてみて下さい(^^)




こちらの街灯は全体的に重厚な感じなのですが、
腕の部分とライトは丸みを帯びていて柔和な雰囲気も出しています♪
日本橋橋上 (17)
点灯している時に撮りに来たいですね(^^)




そして一番の見どころの柱と言えば中央柱ですね♪
日本橋橋上 (7)
中央柱に乗っている像は麒麟像です。
東野圭吾作の麒麟の翼でも有名になりましたね。




像には翼が付けられていますが、本来の麒麟には翼は描かれていません。
日本橋橋上 (4)
この麒麟には当時の東京市の繁栄の願いが籠められているそうです♪
また、柱に描かれている模様は江戸時代に日本橋を中心として全国の街道に設けられた一里塚で使用されていた榎や松の木を表しているそうです。
この模様に関して助言したのはこれまた著名人である森鴎外と言われているので驚きです(+_+)




麒麟像は間近で見ると筋骨隆々としています♪
日本橋橋上 (5)

日本橋橋上 (2)
親柱にいた獅子像もそうですが、こちらの麒麟像でも阿吽(あ・うん)になっています。
口が開いているのが阿形、閉じているのが吽形と呼ばれています。(阿吽の呼吸)



反対車線から遠目に見てみる…
日本橋橋上 (6)
日本橋を渡る人々は常に絶えることはありません。
この人々が向かう先々までの安全を見守り続けているんですね(^^)

ふと道路に目をやるとプレートのようなものが見えます。



このプレートの正体はこちらの道路元標です♪
日本橋橋上 (3)
ここが現在の道路の中心点なのですね。
道路標識に書かれている「日本橋~km」とはここを指しています。
2つ前の記事でご案内しましたが、複製が北詰(三越側)の元禄広場に飾られています♪




今度は上空を見上げると…
日本橋橋上 (12)
実は日本橋にはもう一つ道路元標が有るんです♪




こちらは高速道路の道路元標で、首都高速都心環状線(C1)から見えるようになっています。
日本橋橋上 (13)
こちらもしっかりと橋の中央部に合わせられています。

ちなみに…この高速道路の道路元標、実は遠くトルコまで続く道路「AH1(アジアハイウェイ1号線)」の始点にもなっているんです!!

日本国内は日本橋から都心環状線、東名、名神等を経て関門橋を渡り福岡高速東浜出入口までとなっており、
その後は韓国,北朝鮮,中国と道は続き、最終的にはアジアとヨーロッパの境であるトルコとブルガリアの国境までの約20,000km以上を結ぶ道路がAH1なのです。
長大道路の始点と言うのだからこれはまた日本橋にいながら壮大な気分にさせてくれます(^^)

このアジアハイウェイに関して詳細をご覧になりたい方は下記リンク先をご覧下さい♪
☆国土交通省「アジアハイウェイの標識」☆



次は橋上からの風景です♪
日本橋橋上 (15)
こちらは江戸橋側になります。




こちらは西河岸橋側です。
日本橋橋上 (8)
どちらも首都高速の橋脚で視界はイマイチです^_^;
こういう景色を見てしまうと首都高速の地下化を早期実現して欲しい。




ちなみに南詰にある滝の広場には四角い排水溝みたいな穴が…
日本橋橋上 (11)
う~ん気になる…
前にテレビで見た気がしないでもないんだが…




橋の下にはこんな見どころが…
日本橋橋上 (10)
奥が黒ずんでいる部分が有るかと思います。
この黒ずみは関東大震災の際に出来た焦げ跡だそうです。
そう言えば橋上には東京大空襲の際に落とした焼夷弾の焦げ跡や油跡が各所に残ってたり、被弾した際の破損,ひび割れの跡も確認出来るそうです。
(訪れた時は全く知らなかったので撮ってなかったです…)


という事でこれにて日本橋編は全て終了になります。
一本の橋なのですが、その橋や周辺には余りあるほどの見どころが有ります。
それ程日本橋という橋が貴重な橋かがお分かり頂けたかと思います♪

普段東京に来られる機会が多い方。
東京には旅行で来られる方。
どちらの方でも本当に歴史的貴重で見どころが随所にある橋へ是非とも足を運んで見て下さい(^^)
始点である日本橋から始める旅も良いものですよ♪


ラストショット♪
日本橋橋上 (14)
最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

※獅子の数の正解は32体です。
 親柱に5体×4本(大きいのが1体と柱上部に顔だけが4体)
 中央柱4体×2本(柱上部に顔だけが4体)
 クラウンアーチ部分1体×4箇所
 (クラウンアーチは橋のアーチになっている部分の一番てっぺん。2枚上の写真です)
 分かり難くてスイマセンでした^_^;
スポンサーサイト

category: 東京都

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 6

コメント

No title

じゃぱ様のコメント返しがいいなあと思うのは、
新たな情報や説明が入っていてたり、
ついつい出ちゃった本音に、なごんじゃったり
本編とはまた、一味違った感じで楽しいからです。
こういうところまでも手を抜かない人なんだなあと。
興味本位で、見ちゃって、ごめんねです。

おかはん #- | URL
2014/02/19 13:01 | edit

No title

日本橋のあたりは
ぜひ高速を地下道にしてほしいです。
ここだけ地下にするわけにはいかないから
簡単なことじゃないんでしょうけれど。
折角の美しい橋がかわいそう・・・。

kikilalacafe #4f8DQDfI | URL
2014/02/19 23:40 | edit

No title

こんばんはです^^

すごーい!日本橋がこれほど威厳を保つように造られているとは!

大阪のライオン橋も凝ってるな~って思いましたけど、足元にもおよびませんね。

菅原しずか #JalddpaA | URL
2014/02/20 03:22 | edit

おかはんさん

本当はもっとたくさん本文に書き込みたいのですが、
書きすぎるとごちゃごちゃしてしまって読みにくいと思い、
割愛している部分が有ったりします^_^;
(それでも誤字脱字や文が読みにくかったりするかもですが…(笑))

細かな部分までご覧頂いていて本当に嬉しいです。
もちろん見られるのは嫌じゃないですよ。
これからも是非見て下さい(^^)

じゃぱ #- | URL
2014/02/20 12:51 | edit

kikilalacafeさん

本当にそうなんですよね~

今委員会でも都心環状線を中心として地下化か高架の改修か議論されていますが、
首都高速の地下化は是非とも実現して欲しいですよね(>_<)
(若干地下化への動きが強まっているみたいですが…)

私も日の目を見た日本橋や周辺の橋たちを是非とも見てみたいです!!

じゃぱ #- | URL
2014/02/20 13:11 | edit

しずかさん

私も日本橋に付いて詳細に知ろうとするまでは知らなかったことが多かったです^_^;

ライオン橋は原付や車では通ったことが有るのですが徒歩では通ったことが無かったので、
次大阪を訪れた時は是非ゆっくり見てみたいと思っていたんです(^^)
橋上から見る景色を是非写真に収めたいです♪♪

じゃぱ #- | URL
2014/02/20 13:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/325-955ca39c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。