じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 旅行を楽しく »さようなら

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

さようなら  

今回は本日で定期便から退く列車をご案内させて下さい。
(2014.1.3)



それがこちらの列車です♪
あけぼの号 (1)
こちらは寝台特急あけぼの号です。

あけぼの号は上野駅と青森駅を結ぶ寝台特急で1970年に誕生しました。
「ブルートレイン」と言われる列車です。
この列車が本日でいよいよ定期列車から引退します。
今後は臨時列車として繁忙期などに活躍されるそうです。



こちらは新潟県にある長岡駅で撮った写真です♪
あけぼの号 (2)
上野行きの方向幕です。
金色の帯がまた何とも輝かしいです(^^)
長岡駅では車両を引っ張る機関車の交換が行われます。



ここからは個人的なお話なのですが…

私が鉄道好きとなったのは夜行列車がきっかけでした。
寝て起きると景色が変わっていることに対して幼心に感動を覚えました。

以来、夜行列車に関する本を読んだり、実際に東京駅や上野駅まで観に行ってお見送りしていました^_^;

高校生になるとアルバイトをしては旅行も兼ねて日本各地の夜行列車を乗車するようになりました。
北海道を周遊していた時は宿泊代を節約するために全て夜行列車をうまく使って寝るようにしてました(笑)
九州に行くときはあえて夜行列車を2回乗り継いだりしてました。

私にとって夜行列車は鉄道旅行を彩る大切な存在でした。

少々個人的な話をしてしまいましたが、今回あけぼのが無くなることは本当に悲しいことで、
また一つの鉄道の歴史が終わっていくのかと感じてしまうほどです。
夜行列車は鉄道を使った旅行の醍醐味の一つだったので、
今回の引退はただただ寂しい限りです。

ブルートレインもこれで上野-札幌間を結ぶ「北斗星」のみとなってしまいました。
北斗星はJTBや日本旅行などの大手旅行会社で販売されているパック商品の中でも人気なので、
まだ暫くは運行を続けるかと思いますが、車体の老朽化により何時まで持つか分かりません。


あけぼの号には鉄道ファンとして一言「お疲れ様でした」と言いたいです。


ということで、だいぶ暗い話題になってしまいましたが今回はこれにて終了です^_^;
次回もちょこっと鉄道のお話をさせて頂きます。



ラストショット♪
あけぼの号 (4)
最後までご覧いただき誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 旅行を楽しく

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 6

コメント

寂しいですね

また一つの時代が終わるんですね・・・
私も、一度だけ「北斗星」に乗って上野まで行きました。
一度だけでしたが、良い思い出です。

mama #- | URL
2014/03/14 09:56 | edit

No title

夜行列車…懐かしい響きですね。
今日でお別れ。
淋しいですね。

kikilalacafe #4f8DQDfI | URL
2014/03/14 22:03 | edit

mamaさん

私も札幌から北斗星に乗りました♪
普段、鉄道にそれほど興味の無い方でも、
寝台列車など特別な鉄道旅行は本当に思い出になりますよね(^^)
mamaさんにもそのような思い出があることは私も嬉しいです♪

じゃぱ #- | URL
2014/03/14 23:26 | edit

kikilalaさん

本当に寂しいですね。

赤字列車でしたので仕方ないと言えばそれまででしたが、
それでももう少し何かしっかりとした対策を施すことが出来なかったのかとちょっと考えてしまいます(>_<)

じゃぱ #- | URL
2014/03/14 23:30 | edit

No title

本当に残念です。
ただの 移動手段としてなら
飛行機や 新幹線の路線が伸びると同時に
消えゆく運命なのかもしれませんが、

旅情に浸るなら やっぱり 寝台特急は必要だと思います。
せめて 金・土・日だけ運行とか。。できないのでしょうか。。
あけぼのは 繁忙期のみ運転されるようですが。。

夜行列車に憧れた世代が ぼちぼち 仕事にゆとりを持って
夜行列車の旅で楽しもうと 思う時期なんですけど・・・

めるねぇ #cwVkW3nU | URL
2014/03/14 23:47 | edit

めるねぇさん

鉄道は動かすのに相当数のコストが掛かるので、
赤字列車・路線は消えゆく運命。
民間会社なら尚更ですよね。

でも、今は時代も変わりめるさんの言う通り、
ゆとりを持たれている方々も多くいらっしゃるのかと思いますので、
その方々へ向けての旅行標品の開発などどうにか存続してほしいものですけどね(´・ω・`)
ななつ星がその先駆けなのかもしれませんね。

でも、やっぱり無くなるのは悲しいですね。。。

じゃぱ #- | URL
2014/03/16 13:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/346-abdb5e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。