じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 岡山県 »湯原温泉 その4(独楽博物館)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

湯原温泉 その4(独楽博物館)  

今回も前回に引き続き独楽の博物館の展示物をご案内して参ります♪
湯原独楽博物館 (4)
(2011.5.30訪問)



こちらは京都の独楽たちです。
湯原独楽博物館 (20)
京都の伝統工芸「西陣織」や「清水焼」等が使われている独楽です♪
かなり高級な独楽ですね(^^)




顔が付いているものは会津の庄助ごまです。
湯原独楽博物館 (10)
庄助こまは会津出身の小原庄助の名前から取られた名前です。
この方は会津地方に伝わる民謡「会津磐梯山」に出てくる方で、
朝寝・朝酒・朝湯好きで財産が無くなってしまった方です^_^;

口でくわえている楊枝のような細い部分で赤い盃型を回す起用で面白い独楽です♪




ここからは地元湯原の独楽たちです
湯原独楽博物館 (6)
湯原はろくろを使った木地作りが盛んでした。
昭和の初めごろから木地作りの伝統を残すために観光客へのお土産も兼ねて湯原で独楽を作り始めたのがきっかけになったとか・・・。




日光東照宮にある鳴龍は聞いたことありますが、鳴き独楽はどのような音がするのか興味あります(^^)
湯原独楽博物館 (7)
非常に個性的でカッコいい独楽ですね♪




こちらは石川県の「出世ごま」です。
湯原独楽博物館 (16)
出世ごまは回して暫くすると自らの力で柄を下にして上向きになることから名付けられた名前です♪




海外の独楽も展示してあります。
湯原独楽博物館 (14)




こちらはハワイの独楽
湯原独楽博物館 (13)




そしてこちらはパプアニューギニアの独楽
湯原独楽博物館 (12)
ヤシの実の独楽とはさすが南国らしい独楽ですね♪


ということで今回で独楽の博物館のご案内は終了です♪
郷土玩具は出来た場所の環境や歴史背景がとても反映される伝統工芸品の一つなので、ご案内してきた通り地域によって様々な特徴があり、観るだけでも楽しむことが出来ます。
独楽の博物館には数多くの独楽があるので本当に老若男女楽しめる博物館かと思います(^^)

博物館横にある工房では独楽作りも体験することが出来るそうです♪

独楽の博物館の詳細に付きましては下記リンク先をご覧ください♪
☆おかやま旅ネット「独楽の博物館」☆
木曜日と年末年始がお休みだそうです。

※建物内は若干ひんやりとしていました。寒い日はジャケットなど羽織られることをお勧めします♪


ラストショット♪
湯原独楽博物館 (19)
ひょうたんからこま(笑)
最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 岡山県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/351-4e7f531d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。