じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 宮崎県 »鵜戸神宮 その1

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鵜戸神宮 その1  

今回は宮崎県にある鵜戸(うど)神宮をご案内して参ります♪
鵜戸神宮 (1)
(2011.10.3訪問)


鵜戸神宮は宮崎県南部の日南海岸沿いにある神社です♪

公共交通で来られる方は、JR日南線油津駅か伊比井駅で下車されてから鵜戸神宮までバスが出ています。
本数も一日通して10本前後有るので、鉄道と上手く時刻を合わせれば、半日も有れば十分観光して戻ることが出来ます。
また宮崎駅からもバスが出ておりますので、こちらも宜しければご利用下さい♪



最初の見どころは参道です♪
鵜戸神宮 (2)
バスでお越しの方は駐車場から短い坂を登り、こちらのトンネルを通って本殿へ向かいます。
所要15分前後です。

自家用車でお越しの方は海岸沿いの道を走り本殿近くの駐車場まで車で行くことが出来ます♪
こちらは駐車場から所要時間5分前後です。
(繁忙期の場合で本殿から近くの駐車場が止められない場合、バスでお越しの方と同じ駐車場に停める可能性も有るかと思います♪)




そして今回私がお勧めしたい参道はコチラ♪
鵜戸神宮 (19)
こちらは上記のトンネルが造られる前まで利用されていた旧参道なんだそうで、トンネル入り口の手前に上記の鳥居があります。
参道の距離が800mあることから八丁坂と言われています。
お勧めと言っても山を登っていきますので、足腰に自信のある方で時間に余裕のある方にお勧めです(^^)
(所要時間は20分前後)




こちらの参道を歩いていると石段の真ん中がツルツルにすり減っていて少々歩きにくいです。
鵜戸神宮 (18)
実はこの参道の石段、平安時代に吹毛井に住む尼僧が磯から石をもって積み上げていかれたそうで、その後、江戸時代まで修繕され続け今日に至るとのこと。
という事は江戸時代から使用され続けている石段という事になります!!
それであればこれだけすり減るのも頷けますね(^^)
一段一段に足と歴史の重みを感じながら先を進んでいきます♪

(個人的に「それは現存する日本一古い石段なのでは?!」と思い、色々と調べてみましたが正確な情報は出て来ず、羽黒山にある石段が日本最古だという話が、幾つかのサイトを通じて出ていました)




別当墓地を過ぎると遠くに海が見えてきました♪
鵜戸神宮 (17)
ちなみに旧参道は吹毛井港側(駐車場側)から上り438段の石段の後に377段の下りの石段があります。写真は377段の方です。




階段を下りてくるとトンネルからくる新参道と合流し売店を通過するといよいよ神門の登場です。
鵜戸神宮 (21)
本殿から一番近い駐車場に停めた方もここで合流します。
(写真はフリー画像サイトから拝借しました♪)




神門の次に潜るのは立派な楼門です♪
鵜戸神宮 (3)
門には干支が書かれた絵馬が飾られています。(私が訪れた時は兎年でした)
楼門の奥には小さく千鳥橋が見えます。




こちらは鵜戸神宮の由緒が書かれた看板♪
鵜戸神宮 (4)
実はこの鵜戸神宮・・・
日本初めての天皇と言われている「神武天皇」の父親が産まれた場所なんです♪

その名も・・・
「日子波瀲武鸕鵜草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)」
と言います・・・^_^;(少々長いので、以後父親と言います(笑))

なぜこのような名前なのかと言うと・・・
父親のお母さん(豊玉姫命)がこの地に来られた際に既に産気づいていました。
早急に産殿を作ろうとしましたが、最後、鵜の羽で屋根を葺(ふ)き終わらないうちに産まれてしまったとの事。
そのため、名前も鵜草葺不合(うがやふきあえず)となったのです。

大分端折って説明しましたが、少しはお分かり頂けましたでしょうか(^^)

ちなみに鵜戸神宮の主祭神は父親になります。
父親は農業の神として信仰されていますが、他にも夫婦の和合や安産の神様としても伝えられています♪




楼門を潜り二つの小さな橋を渡るといよいよ本殿・・・・なのですが見当たりません^_^;
鵜戸神宮 (15)
実は鵜戸神宮は日本でも珍しい「下り宮(くだりみや)」という配置をした神社なのです^_^
下り宮とは社殿が鳥居よりも下に有ることを言い、本殿は階段を降りた左側の洞窟内に有ります♪

しかも、今回のご案内している鵜戸神宮と・・・
・熊本県阿蘇郡高森町にある「草部吉見(くさかべよしみ)神社」
・群馬県富岡市にある「一之宮貫前(ぬきさき)神社」(今世界遺産でも注目されていますね♪)

上記3つで「日本三大下り宮」と呼ばれています♪


という事で今回はここまでです。次回は本殿からご案内して参ります(^^)
鵜戸神宮の詳細をご覧になりたい方は下記公式サイトのリンクをご利用下さい♪
☆鵜戸神宮☆



ラストショット♪
鵜戸神宮 (5)
最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


スポンサーサイト

category: 宮崎県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 2   cm: 4

コメント

No title

鵜戸神宮ですか(^^)

小さいころ一度行ったきりなので、あいまいな記憶しかありませんが。。。
こんな立派な楼門があったのですね!

洞窟を出たところから玉を投げたことなら覚えています(^^)

saru山 #- | URL
2014/05/26 21:40 | edit

No title

下り宮って初めてです。
日本全国にはいろいろ珍しいものがあるんですねぇ。
ツルツルになった階段にもびっくりです。

kikilalacafe #4f8DQDfI | URL
2014/05/27 00:44 | edit

saru山さん

子供の頃に行かれたんですか(^^)
でもやっぱり玉入れの事は覚えていらっしゃるんですね♪
この次の記事で玉入れの事も触れているのでもし良ければ見てみてください。
ひょっとしたら鮮明に思い出すかもしれません!(^^)!

私は初めて行ったのが大学生の頃だったのですが、
その頃はプラプラっと行ってプラプラっとお参りしてプラプラっと玉投げして終わってしまったので、
前回行ったときは旧参道を歩いてしっかりお参りしてしっかり玉投げてきました(笑)

じゃぱ #- | URL
2014/05/27 03:59 | edit

kikilalaさん

私も鵜戸神宮について記事を書くまでは全く気付きませんでした^_^;
でもよくよく考えるとほとんど目にすることの無いものなのでかなり貴重ですよね。

階段も旅行に訪れた際に「なんでこんなツルツルなの??なんだか歩きにくいな~」程度にしか思ってなかった自分が恥ずかしくなりました^_^;
この記事でなんとか神様にもお許しを頂ければ・・・(笑)

じゃぱ #- | URL
2014/05/27 04:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/416-f2cb955f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/27 08:55)

富岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント | 2014/05/27 08:55

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/27 09:02)

阿蘇郡高森町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント | 2014/05/27 09:03

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。