じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 岡山県 »吉備津彦神社 その1

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

吉備津彦神社 その1  

今回は吉備津彦神社をご案内して参ります♪
(2011.6.2訪問)


吉備津彦神社は岡山県岡山市北区にある神社です。

駐車場は完備されていますのでお車でもお越し頂けるのですが、
嬉しいことに岡山~総社間を結ぶJR吉備線「吉備一宮駅」の駅からも近く徒歩5分ほどで到着♪

しかも!!
実はこの備前一宮駅を始点として吉備路サイクリングを楽しむことが出来ちゃうんです(^^)
吉備路は吉備津彦神社を始め「吉備津神社」や「備中松山城」「造山古墳」「国分寺」「最上稲荷」等々、たくさんの見どころが有ります。
これらの見どころが比較的集中しているのでサイクリングを楽しみながら観光することが出来ます♪
(海外からの旅行客にも注目され始めているんだとか・・・)
もし宜しければ皆さんもご利用下さい♪




という事ですこし話がずれてしまいましたが・・・
こちらが吉備津彦神社の鳥居になります♪
吉備津彦神社 (1)
奥に本殿に続く参道が続いています♪

この写真の中に第一の見どころが有るんですが・・・
それは茶色の狛犬です♪。
実はこの狛犬・・・備前焼で焼かれたものなんだそうです(^^)!
備前焼のものは今まで一度も見たことが無かったので、ちょっと驚きです。
さすが備前の国の一宮だっただけあります!!
(一宮とは旧国の中でもっとも社格が高い神社の事。信濃:諏訪大社、摂津:住吉大社、筑前:筥崎宮、等々)




参道を進むと両側には池が広がります♪
吉備津彦神社 (24)
この池は神池で大きな神社で見られる池です。




池に浮かぶ鶴島から見た参道です。
吉備津彦神社 (22)
平成16年に復元された太鼓橋があります。




こんな景色も撮れました♪
吉備津彦神社 (23)
一番最初にご案内した吉備線になります♪
のどかな風景ですね(^^)




模型かと思ったら・・・
吉備津彦神社 (2)
ちゃんと動いてました(笑)
1分近く止まったままだったのでてっきり模型かと・・・^_^;




そして神池を抜け太鼓橋を渡るとこんなにも大きい灯篭が!!
吉備津彦神社 (4)
この灯篭は「安政灯篭」と言い、高さが6段造りでなんと11mもあり日本一高い石灯篭なんです!!
笠石面積も8畳とこちらも日本一で、まさに「日本一大きい石灯篭」です♪
意外なところで日本一をお見かけしてしまいました(^^)

ちなみに・・・福岡県の八女市には10.5mの高さを誇る石灯篭があるそうですが、台座部分がくり抜かれて人が通れるようになっています♪




参道の終わりにはいよいよ拝殿が目の前に♪
吉備津彦神社 (9)
想像以上に大きく迫力があります!!




拝殿の奥には祭文殿(祭典や祈祷を行う場所)があり、さらに奥に本殿があります♪
吉備津彦神社 (18)
どれも見事な作りをした神社建築です♪




本殿をアップしてみると一つ一つの造りがとても精巧に出来ていて格式の高さを伺わせます。
吉備津彦神社 (12)
最初に創建された本殿は16世紀後半に日蓮宗を信奉としていた松田氏に焼打ちに遭い焼失。
現在の本殿は岡山藩主で数々の手腕を魅せた池田光政の命によって造園に着手し、
光政の死後1697年に完成したものです。




反対側からも撮ってみました♪
吉備津彦神社 (5)
朝早くに訪れたこともあり、辺りはひっそりしていました。
なんだか神秘的な雰囲気を独り占め出来た気分です(^^)




こちらは本殿に関することが書かれている看板です♪
吉備津彦神社 (10)
という事で今回はここまで♪
次回も吉備津彦神社をご案内します(^^)

吉備津彦神社の詳細に付きましては下記リンク先をご覧下さい。
☆吉備津彦神社☆


ラストショット♪
吉備津彦神社 (20)
最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!







それと・・・
今回、またしても…またしても残念過ぎるお知らせが!!!!
最近寝台特急あけぼのが廃止になりましたが、なんとトワイライトエクスプレスも来春廃止が決定したそうです。
詳細はコチラ→☆トワイライト廃止のニュース☆

鉄道好きのキッカケが夜行列車であった私にとって脳天に雷が当たったぐらいの衝撃です。
来春には北斗星もカシオペアも廃止になるみたいなので、これで定期の夜行列車はサンライズエクスプレスのみとなります。

幼少の頃、深夜に時刻表を見ながら、夜行列車がどの辺りを走っているのか考えたりするのが好きでした。
JR完全乗車に向けて旅していた時も、お金が無い学生時代に夜行列車にはどれだけ救われたことか。
深夜の岡山駅で見続けた西へ東へ駆けてくブルートレインの雄姿。
峠のシェルパと共に闇と化した峠を越えていくあの力強さ。
早朝の根府川駅で朝焼けと共に姿を現す東京行きの夜行列車。

どれぐらい月日が経とうが全てを鮮明に思い出せる。
静寂な夜を黙々と走り続ける夜行列車は私にとってまさに夢そのものでした。

残りの期間、あとどれだけの人を乗せて走るのかは分かりません。
でも、最後までひとりでも多くの人に鉄道旅行の真骨頂を魅せ続けて欲しい!!
鉄道旅行の素晴らしさを伝えて欲しい!!
トワイライト・北斗星そしてカシオペア・・・
それぞれが「日本一豪華」と言われた彼らなら間違いなくそれが提供できるはず。

そして夜行列車で残ったサンライズには少しでも長く走り続けて欲しいと切に願うところです。
スポンサーサイト

category: 岡山県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 6

コメント

こんにちは♪

北斗星まで無くなってしまうんですね・・・(T_T)
新幹線の影響でしょうね・・・きっと・・・寂しいですね、
新幹線を北海道まで延長するより、寝台特急のほうが
根強いファンに愛されているし、良いと思うんですけどね

神社仏閣って、立派な建物が多いですよね。

mama #- | URL
2014/05/29 11:24 | edit

No title

   こんにちは  私 吉備津彦神社は行ったことないですが、吉備津神社は見学しました。  吉備線に乗って この沿線は歴史好きには おもしろそうなエリアだなぁと思いました。 
 トワイライトエクスプレスの件は 意外でした。 息子いわく 北陸新幹線の開業で 三セクになる路線に賃料を払うと 儲けがなくなるからだそうです。 私は幼い頃から 青森の帰省手段として 夜行列車を利用していて とても身近なものでした。 夜行のあの郷愁を感じさせる独特の雰囲気が たまらなく好きでした。 一般の乗客が乗れる夜行が サンライズだけになるなんて寂し過ぎますね。

オバ鉄 #- | URL
2014/05/29 11:52 | edit

No title

笠石8畳の石灯籠にびっくりです。
境内が広いのでそんなに大きいと感じませんが
数字を聞くと驚き。
つまり、6畳の部屋には入らないわけで…
一般家庭じゃ玄関を通らない!
身近なものと比較すると
大きさがリアルにわかります。

kikilalacafe #4f8DQDfI | URL
2014/05/29 13:35 | edit

mamaさん

mamaさんもお気持ち分かって頂けますか!!
あ~なんて嬉しいことでしょう!!
それだけでも救われます(>_<)

恐らくですが…
新幹線開業の影響そして車両の老朽化が進んだためかと思われます。
mamaさんの仰る通り根強いファンが多くいるのに廃止にするだなんて胸が引き裂かれる思いです(+_+)
ブログを初めてから、ここまで凹んだ気持ちで記事を書いたのは初めてです。。。

じゃぱ #- | URL
2014/05/29 22:04 | edit

オバ鉄さん

トワイライトは本当に悲しいニュースですね...
日本海側を走り続けていた唯一の夜行の灯りも消えてしまうのですね...
これはショックすぎて暫く凹んでそうです(>_<)

確かに三セクの絡みが有りそうですね。
東北本線が新幹線開業により一部三セクになる時も「北斗星どうなるの??」なんて話が有ったぐらいですからね。
それにJR西日本や東日本も次世代の機関士の育成にそこまで力入れてなさそうなので、
遅かれ早かれ将来的には廃止にする方向だったのかもしれませんね。
もう少し早く産まれてもっとたくさんの夜行に乗りたかった...


吉備津神社行かれたのですか?!
また近いうちに取り上げようかと思ってました♪
吉備津神社は個人的に大好きな神社です(^^)
吉備路は周辺の岡山や倉敷と比べるとまだまだ全国的に知名度が高いとは言えないかもしれませんが、
ぜひともあらたな観光スタイルで多くの方に吉備の歴史を知ってもらえると良いですね♪
吉備線も田園風景が広がってて車窓の風景も気持ち良いですよね♪
コスモスの時期とか綺麗かもしれませんね!(^^)!

じゃぱ #- | URL
2014/05/29 22:29 | edit

kikilalaさん

8畳って相当大きいですよね!!
昔、友人が8畳間の部屋に住んでいたい事を思い出しました。(早稲田で2万5千円だったそうです)
確かによっぽどの豪華なお宅でないと8畳は入らないですね。

8畳と言うと・・・小さいお城のトイレぐらい??(笑)

説明によると27年間も寄付され続けて出来た灯篭だそうです。
それだけ寄付され続ければこれだけの灯篭も頷けますね。

じゃぱ #- | URL
2014/05/29 22:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/419-87a7dabc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。