じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 岡山県 »吉備津神社 その2

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

吉備津神社 その2  

公開にしていたつもりが下書きのままでした...
気付いたのは既に日を跨いだ後。地味に・・・じゃなくてかなりショックです(>_<)
まさかこんなところで連続記録が途切れるとは。。。(ノД`)・゜・。




ということで・・・勝手に取り乱しましたが気を取り直して。。。。。。
今回は引き続き吉備津神社の内部をご案内して参ります♪
(2011.6.2訪問)



石段の前には案内図が掲げられています。
吉備津神社 (4)




本殿まではしばらく石段が続きます。
吉備津神社 (5)
階段の上には赤い山門が見えます。
ちなみに、足の不自由な方などは、回り込んで反対側から本殿へ向かう事も出来ます。




こちらは北随身門(きたづいじんもん)。国の重要文化財になっております。
吉備津神社 (1)
室町時代に再建されたもので「単層入母屋造檜皮葺」という造りです。

檜皮葺(ひわだぶき)とは屋根の部分の造りを指したものです。
この手法で驚くべき点はヒノキの樹皮だけを使用するので、伐採せずに周りの樹皮の部分だけ
を切り取るんだそうでとってもエコな手法なんですよ♪
さらに驚くべきところはこれを飛鳥時代から行われていたというから、なおのこと驚きです!!

ただ、近年は昔ほど大きく育たないのか一本の樹皮から取れる量が少なく、
またこの皮を剥ぐ職人さん(原皮師(もとかわし))も減少していることから、
後世に残すべき手法・技術が危ぶまれているんだそうです。




北随神門を潜ると次は絵馬殿。
吉備津神社 (8)
その奥にはちらっと拝殿が見えています。




絵馬殿を潜るといよいよ拝殿・本殿が目の前に!!
吉備津神社 (7)
創建は1405年で、国の重要文化財に指定されています。
この形から「本当に神社なのか」と思われる方もいらっしゃるかと思います。
でも、この構造がこの吉備津神社では一番の見どころなんです!!

こちらは「比翼入母屋造(ひよくいりもやづくり)」という建築手法を用いているのですが、
この手法が取られている神社はここ吉備津神社のみなんです♪
そのことから別称「吉備津造」とも言われます。




拝殿・本殿は後光厳天皇の命で再建されたのですがその名を受けたのが、金閣寺を建てた室町幕府三代将軍「足利義満」なんです♪
吉備津神社 (9)
個人的に豪華な造りであると感じていたのですが足利義満の名を聞いて納得がいきました(笑)

という事で今回は以上となります。
次回も引き続き神社の内部をご案内して参ります♪


最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


スポンサーサイト

category: 岡山県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 4

コメント

No title

こんにちは
前回のコメントに引き続き犬養毅の件です。
犬養毅の祖先が吉備津彦の家来だっただなんて驚きです。
温羅の首の肉を食べたのは犬だし 桃太郎の家来も犬でした。
歴史って 面白いです。
実は 私が吉備津神社を訪れたのは 2011年3月26日で
東日本大震災の直後でした。
拝殿で護摩木に 震災の復興祈願をしました。

オバ鉄 #- | URL
2014/07/03 14:35 | edit

No title

更新ないなぁ…と思ってました。
予約投稿使っているのですね。
kikilalaはアナログ…
書き終わったら投稿です。
だから毎回投稿時間が違っちゃいます。
ぎりぎりにならないとテーマが決まらなくて…。

kikilalacafe #4f8DQDfI | URL
2014/07/04 00:15 | edit

オバ鉄さん

実際は伝説として言われているので本当かどうかは不明ですが…
でも犬養毅本人も吉備津彦命との繋がりをお話されていたようです。
この時は私は行かなかったのですが、吉備津神社の近くには
犬養毅の生誕地や銅像なども有るみたいですよ♪


私も6月に訪れたので意外にオバ鉄さんと訪れた日が近かったのですね。
私もお祈りをしたのを覚えています。
この10日後ぐらいに被災地へ行くことになりました。

じゃぱ #- | URL
2014/07/04 07:59 | edit

kikilalaさん

そうなんです。
予約投稿を使っているんです。
だからこそ発生してしまった事故?!です…(>_<)

私もここ最近テーマ決めに苦労しています。
そろそろネタを仕入れに行かなければ。。。

じゃぱ #- | URL
2014/07/04 08:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/454-b171a3cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。