じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 東京都 »覚林寺 その2

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

覚林寺 その2  

今回は覚林寺の一番の見どころをご案内して参ります♪
(2014.訪問)


覚林寺と言えばこちらの建造物が一番の見どころです♪
覚林寺 (5)
こちらの公堂・・・「清正(せいしょう)公堂」と言います。
どこかで聞き覚えのある名前だと思いませんか??

実はこの覚林寺・・・「加藤清正」と深いつながりを持つお寺なんです。
元々は加藤清正藩主であった熊本藩の中屋敷だった場所で、そこに創建されたお寺になります。
上記の公堂には清正公の位牌と像が祀られています。

扁額には「破魔軍」と書かれています。
こちらは有栖川宮熾仁親王の揮毫(きごう)になります。
加藤清正は賤ヶ岳の七本槍の一人とされ朝鮮出兵時には虎を対峙したと言われるほど
武術に長けた人物で、戦国を生き抜いた中で評価の高い武将の一人と言われています。
その為、この扁額もまさに清正公に相応しいものとなっています。

公堂周りの木造彫刻も本当に細かくて見事な造りですのでぜひじっくりとご覧になってみてください♪




清正公堂と前回ご案内した山門は港区の指定有形文化財に指定されています♪
覚林寺 (4)




また公堂周りのガラスには加藤家の家紋が彫られています。
覚林寺 (6)
丸いのは「蛇の目紋」。
もう一つは「桔梗紋」になります。
蛇の目紋は戦の時に使用し、桔梗紋は慶事の際に使用したそうです。

という事で今回は以上になります♪
いよいよ次回で覚林寺は終了です(^^)



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


スポンサーサイト

category: 東京都

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/459-a0c652f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。