じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 道北 »本日の一枚は・・・ その4

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

本日の一枚は・・・ その4  

スミマセン、本日も多忙につき一枚コーナーです^_^;
(2010.8.4訪問)

本日の一枚はこちら♪
(最北の料金所
写真をご覧頂いた通り日本最北の料金所になります。
なかなか見ることの出来ない看板でしたので記念に撮っておいたものです。
(地味でスミマセン^_^;)




場所はコチラ・・・

道央自動車道の士別剣淵インターチェンジになります。
道央自動車道は2014年8月現在大沼から札幌、旭川を通り士別剣淵までを結ぶ高速道路。
高速道路って実は所々、このような標識を設けていることが有るんですよ♪

ちなみに・・・
今年度はミッシングリンク(途切れている区間のこと)が多く開通する年なんです。
・道東道
(浦幌~白糠の一区間だけど、山を越える区間なので十勝地方~釧路地方の往来が便利に)
・常磐自動車道
(一区間を除き東京~仙台間が完成。全線開通すれば東北道との2大看板に)
・首都高速中央環状線
(大橋JCT~大井JCT間の開通により全線開通。また同時に道路トンネル「山手トンネル」も全線開通。これにより全長が約18キロとなり、現在の道路トンネル最長の関越トンネル約11キロを大幅に更新し新日本チャンピオンに)
・圏央道
(湘南から関越道まで繋がります。残りは1/3)
・舞鶴若狭自動車道
(全線開通により北陸と関西方面を結ぶ高速道路が2ルートに)
・京都縦貫自動車道
(全線開通により名神高速大山崎JCTから天橋立まで一本で行けることに)
・尾道自動車道
(全線開通により山陽と山陰が一本で結ばれることに)
・東広島呉道路
(全線開通により山陽道から呉へのアクセスが良好に)
・四国横断自動車道
(部分開通ながら高松道と徳島道と鳴門道が繋がりアクセス良好に)
・東九州自動車道
(宮崎県から大分県まで繋がり、残すは大分県と福岡県の間の30キロのみ!!)

上記で今年度が開通ラッシュかお分かり頂けると思います。
ちなみに私の注目は上記の東九州道と新潟から青森方面を結ぶ日本海縦貫道です。


という事で今回は高速道路について少々触れてみました。
ちなみに、高速道路の現状から建設区間までまるわかりのサイトがございますので
宜しければご参考頂ければと思います♪
☆高速道路資料室☆
恐らく個人の方が運営されているかと思われますが、
本当に細かな部分まで分かりやすく掲載されているので重宝しております♪

いよいよ明日から徐々に帰省ラッシュが始まるかと思いますが、
運転される皆様、お気をつけて行ってらっしゃいませ♪


最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!


ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!



スポンサーサイト

category: 道北

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

じゃぱさん おはよ~♪ 今日の一枚も北海道ね(*^^)v
じゃぱさんは、北海道在住の私より、北海道を知ってるよね~
何だか、じゃぱさんの記事見てると嬉しくなります(*^_^*)

mama #- | URL
2014/08/07 07:56 | edit

mamaさん

mamaさんこんばんは~♪

本日も北海道の一枚です。
まさに困った時の北海道です(笑)
道内あらゆるところに行かれているご主人様なら
ひょっとしたらこの辺りもご存知かもしれないですね(^^)

mamaさんのお言葉は本当にいつも嬉しいお言葉ばかりで・・・
本当に励まされております♪
本当にありがとうございます(*^_^*)

将来の目標は「じゃぱんますたー」なのでまだまだ日本についてたくさんのことが知りたいです(>_<)
これからも貪欲に頑張ります!!

じゃぱ #- | URL
2014/08/07 23:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/489-3ef5ee7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。