じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 道東 »日本で唯一?!ダムが滝になった場所

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本で唯一?!ダムが滝になった場所  

今回は日本でも珍しいダムを作ったはずが滝になってしまったスポットをご案内します♪
(2010.7.19訪問)



場所はこちら♪

帯広駅からは車で50分ほどのところにある「札内川園地」に今回のスポットがあります♪




そしてこちらがちょっと珍しい滝の全容です♪
ぴょうたんの滝 (1)
こちらの滝は「ピョウタンの滝」と言います(^^)
奥には北海道一の山脈「日高山脈」の山々が目の前に迫っています。

ちなみに名称の由来は北海道と言えばアイヌ語が変化したものが多いですが、
こちらも同じで「ピヨロ・コタン」(小さい砂利の多いところ)が「ピョウタン」へと変化しました。

なぜこの地にダムを作ろうとしたのか・・・それはこの地に電気が無かったからです。
この周辺の地域住民は戦後もしばらくは電気が無い中ランプで生活していたのです。

特にこの周辺では農作業が主だったのですが、少しでも暗くなるとランプに頼らなくてはならない状態で、作業効率もなかなか上がりませんでした。
そこで・・・
農民たちが自らの手で電気を生み出そうとこの滝の部分に水力発電ダムを作ろうとしたのです!!
昔の方々の行動力の凄さにただただ圧倒されるばかりです^^;




そしてこちらがダムの一部ともなった中央部にある岩です。
ぴょうたんの滝 (3)
私が訪れたときは雨が多い年だったので水量が多く迫力がありました♪




滝・・・ということは「マイナスイオン」も満天です(^^)
ぴょうたんの滝 (4)
滝の展望台付近にこの看板があります♪
・・・と言っても数値がどれほど凄いのか・・・までは伝わりませんでしたが^^;
でも身体にはよさそうなのでたっぷり浴びてきました(笑)

ただ・・・完成はしたのですが、1年もしないうちに台風の影響により発電施設やダムもろとも全て修復不能となるまで壊れてしまいました。なんて悲しい運命...
でも、このダムのおかげで山から襲ってきた土砂の流出をある一定まで食い止めることが出来たのです。
このことから砂防ダムの重要性が高まっていったそうです♪

と言う事で今回は「ピョウタンの滝」をご案内しました♪
詳細につきましては下記リンク先をご覧ください(^^)
☆北海道感動の瞬間百選「ピョウタンの滝」☆


こちらはピョウタンの滝がある「札内川園地」についてのサイトです♪
☆札内川園地☆


最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


スポンサーサイト

category: 道東

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 8

コメント

へぇ~そうなんだぁ~って、どさんこなのに何にも知らない(^_^;)
じゃぱさんの記事って、ホント勉強になりますね~!
そして、行ってみたくなります(*^_^*)
北海道に住んで無いじゃぱさんなのに、とても身近に感じます♡

mama #Owc6YRMw | URL
2014/10/18 11:13 | edit

こんばんはです♪

感動! これは珍しい!!

自分たちで作る凄まじきパワー!!! 鳥肌ものです。
自分たちで電気を作るっていう発想がすごいですね・・・
そういう技術者がその中にはいたのでしょうか・・・

一年もたたないうちって、残念な結果だったですが、
しかし、あと1年完成が遅れていたら、そこの周辺は被害が大きかったと考えると・・・。

いや~それにしても人の底力はすごい!

菅原しずか #JalddpaA | URL
2014/10/18 22:52 | edit

と 言う事は
作ろうとして 途中でやめちゃった??
ほんとにじゃぱさんの 知識は凄い!

ねこ☆さくら #- | URL
2014/10/18 22:58 | edit

mamaさん

私も神奈川県民ですが、北海道よりも行ってないところが多いかも・・・(笑)
なので全然気にしないで下さい(^^)

札内川園地付近にも六花亭の美術館や花畑牧場や展望台などもあるのでお勧めですよ♪
でも・・・これからの時期だとちょっと難しいかもしれませんが・・・^^;

たかひで(じゃぱ) #- | URL
2014/10/18 23:09 | edit

その後、電気はどうなったのでしょうか?
他から送電線?
そのあたりも知りたいなぁ~。
(自分で調べろって?言わないでね)

kikilala #4f8DQDfI | URL
2014/10/18 23:18 | edit

しずかさん

本当にそうなんです!!

たとえ小さめのダムでも地元の農民が主体となって作ったなんて本当に凄いですよね。
確か技術者はいた気がします♪

実は同じような話が香川県の豊稔池ダムでありまして、そちらはいまでも見ることが出来ます♪
しずかさん大好きな雰囲気だと思います(^^)
(知ってるかもしれませんが・・・)

私も記事を書いていて、人が集まった時に発する力の凄さを改めて感じました。

たかひで(じゃぱ) #- | URL
2014/10/18 23:19 | edit

さくらさん

実際には完成まで漕ぎ着けたみたいなのですが、
一年もしないうちに災害で復旧が難しいほどの壊滅的な被害を受けてしまったそうです...

なので一応は完成したのですが、ほとんど恩恵を受けることも無く・・・・・・・って感じですね(>_<)
何とも寂しい話ですよね...

たかひで(じゃぱ) #- | URL
2014/10/18 23:22 | edit

kikiさん

いや~先生の仰る通りです(笑)

実際に、その後のダムの再建は諦めたとの事なので、
送電線で持ってきた可能性が極めて高いですよね~。

でも昔の電力って今ほど電圧などが強くなかったので、
送電線で持ってくるのも今のように簡単には出来なかったと思います。
・・・ってことを考えると、ダム決壊からかなりの年数が経過してから
再び電気が通ったかもしれませんね~。
(勉強不足...悔しいです(笑))

たかひで(じゃぱ) #- | URL
2014/10/18 23:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/554-dd735324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。