じゃぱんますたー ホーム » スポンサー広告 » 東京都 »日本唯一?!和紙のショールームがあるお店♪ その3

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本唯一?!和紙のショールームがあるお店♪ その3  

今回は引き続き江戸からかみ・和紙の専門店「東京松屋」のショールームをご案内していきます♪
(2014.10.30訪問)


2階には他にもこのようなコーナーも・・・
東京松屋 (9)
壁側には「ずら~」っと襖紙のパネルが並んでいます!!
一枚一枚デザインが異なるので全て見るのには相当な時間が掛かります^^;
ちなみに数は2階と3階のものを合わせ約600種類ほどあるそうです!!

また手前様々な種類の「引き手」と「取っ手」が埋め込まれています(^^)
こちらも良く見かけるスタンダードな形から、なかなか見かける事のない形まで有るので、
しばらく「じ~・・・」と見てても飽きません。
さすがショールームですね(^^)




こちらは商談用?!のデスクにあった版木です。
東京松屋 (10)
こちらの版木も前回同様、江戸時代に使用されていた版木です。
もちろん今でも普通に和紙に写すことが出来ます♪

ちなみに・・・写真の奥に写っている右奥の白い紙に墨で書かれたものは引札(ひきふだ)。
引札とは昔のチラシのことで、唐紙に関するチラシだそうです。
最近は引札を専門に集めている収集家もいるそうです。



こんな豪華な唐紙も見ることが出来ます♪
東京松屋 (1)
こちらも販売品です♪
1階のショップでも同一のものではありませんがこのような綺麗な柄も販売されています(^^)
ちなみにこちらは展示品では無く販売品です。




そしてこのフロアーの一番の見どころはこちら♪
東京松屋 (5)
茶室を模した空間です。
ここがショールームであることを忘れてしまいます^^;




お部屋にはこのようなものも展示されていました。
東京松屋 (4)


東京松屋 (7)
一つ上写真の奥に見える「青」と「白」の襖が、東京にある庭園「桂離宮」の茶室で使用されたそうです!!
それを記念してこちらで同一のものを展示しているそうです。
下の写真はそれを説明したモノです。
(写真をクリックすれば拡大します)


東京松屋さんでは他にも「桐生明治館」や「小堀遠州 伏見屋敷茶室」等でも施工された他、
「成田国際空港第2ターミナル 到着コンコース(動く歩道周辺)」や「奥伊香保 旅邸 諧暢楼」、
「いせや」や「今半」の店舗でも施工されているそうです♪
(詳細はこちら→☆施工例☆)




和室にはこんなものもドサッと置いてありました・・・
東京松屋 (8)
「現金出納帳」です。
お金の流れを記したもので帳簿と言われるものです。
「明治三十八年」と書かれています。




中を見てみると・・・
東京松屋 (3)
現在ではパソコンのエクセルや専用ソフトなどで「ポチポチ」と数字を入力しますが、
昔はこのように一つ一つ筆で書いていたのですね。
ハンコは「確認済」を表すのかな?!

とにかく想像以上に分厚いのですが、和紙一枚一枚はとても薄く手触りは良いです♪
これって・・・普通なら博物館とか触れられないようなところに展示されている気がしますが・・・^^;
でも貴重なものを自分の手で触れることが出来てちょっと嬉しかったです(^^)


と言う事で今回はここまで!!
東京松屋もいよいよ次回で最後です♪
次回は3階と4階をご案内して参ります。



ラストショット♪
東京松屋 (6)
最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


スポンサーサイト

category: 東京都

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんはです♪

『和紙』のあの普通紙にはない感触 心地いいですよね^^
触ったんだ・・・いいな~!!

和紙の展覧会以前見逃して、いきたかったのにな・・・なんて思っていたら、こんなショールームがあるなんて!
じゃぱさんが紹介して下さったので、躊躇することなく、お店に入れそうです♪

>テーブルクロス
うん、それいいアイディア!!

菅原しずか #JalddpaA | URL
2014/11/04 23:16 | edit

しずかさん

こんばんは♪

和紙の展覧会なんてあったのですか?!
それ凄く行きたいです!!(>_<)

普段なかなか和紙を触る機会が無いので久しぶりに触った時の心地よさは何とも言えませんでした(^^)
お店の名刺も頂いたのですがやはり和紙でした♪

通常のお店とは異なるので、私も最初は「ここ入っていいの??」という感じでしたが、
どなたでも中を見ていくことが出来ますのでぜひ東京に来られた際にはお越し下さい(^^)

たかひで(じゃぱ) #- | URL
2014/11/07 01:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://japanmaster.blog77.fc2.com/tb.php/565-ea56f581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。