じゃぱんますたー ホーム »中部地方
カテゴリー「中部地方」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

池の向(いけのむかい) その2  

今回も引き続き「伊豆スカイライン」途中の休憩所「池の向」からの景色をご案内して参ります♪
(2010.1.2訪問)



こちらが池の向からみた駿河湾の風景です♪
伊豆スカイライン「池の向」 (5)
そこには沼津市の街並みと駿河湾が一望できます♪




徐々に夜が近づいてくると街に明かりが灯りはじめました。
伊豆スカイライン「池の向」 (6)
そしてそのまま視線を右へ向けると・・・




富士山です(^^)
伊豆スカイライン「池の向」 (3)
私が訪れた時は冬でしたので富士は白い笠を被っておられましたが・・・
やはり日本一白笠がお似合いですね♪




アップにしてみると頂上付近が猛吹雪です^_^;
伊豆スカイライン「池の向」 (4)
雪が舞っている位なので相当な風速な気がしますが・・・




そして日が落ちると・・・
伊豆スカイライン「池の向」 (7)
周囲を山と海に囲まれているのでまるで宝石箱の中を見ているかのようです♪
という事で以上で池の向のご案内は終了です♪

池の向の夜景の詳細につきましては下記をご覧下さい♪
☆夜景をこよなく愛する者へ「伊豆スカイライン 池の向」☆

こちらは伊豆スカイラインのサイトになります。
☆静岡県道路公社「伊豆スカイライン」☆


最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ラストショット♪
伊豆スカイライン「池の向」 (1)



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


category: 静岡県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

池の向(いけのむかい) その1  

今回は静岡県にあるぜひとも訪れて頂きたい景観スポットをご案内します♪
(2010.1.2訪問)


今回ご案内する場所はコチラになります♪

伊豆半島を縦断する「伊豆スカイライン」の途中にある休憩所です。

伊豆スカイラインは全長約40キロからなる自動車専用道路で、箱根から中伊豆、南伊豆方面へのアクセス路となっております。
スカイラインという名の通り走行中に出現する景色はどれも一級品ばかりの力を持った景色ばかりです。
道路自体は所々、程良いワインディングが続きますが、運転になれている方なら問題ありません♪




そんな伊豆スカイラインから見える景色で今回ご案内させて頂く場所はコチラ♪
伊豆スカイライン「池の向」 (2)
「池の向(いけのむかい)休憩所」になります♪
箱根方面からですと右手に駐車場が現れます。
(駐車場は7台ほどで広々した駐車場です)

という事で、今回はここまでです!!
(中途半端でスミマセン...)

次回は池の向からの景色ともう少し詳細な情報をご案内して参ります♪
最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


category: 静岡県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

本日の一枚は・・・ その2  

本日も時間が無いので写真コーナーです♪
(2008.1.2訪問)



本日はコチラ♪
茶畑
どちらかお分かりですか??




正解はコチラ♪

正解は静岡の奥地です(笑)
示している場所も記憶があいまいで実は正確ではありません^_^;

実は三が日に一人で日帰り温泉に入りに行こうと
静岡県を代表する温泉「寸又峡温泉(すまたきょうおんせん)」へ行った時の一枚になります。
静岡らしい一枚だと思いとっさに写真に収めてみました♪


という事で今回は決して観光地ではありませんが静岡県らしい一枚をご案内しました♪
最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!

ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


category: 静岡県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 2

棚田界のホープ♪  

今回は能登半島に有るにある「旭化成のCM」にも使用された棚田界のホープをご案内します♪
白米の千枚田 (8)
(2009.8.11訪問)




棚田の名前は「白米(しろよね)の千枚田」。
白米の千枚田 (3)
白米とは白い米が収穫できる・・・からでは無く棚田付近が「白米地区」と言われているから。
でも・・・・・実に美味しそうに見える棚田です(笑)
田んぼは全部で1004枚。まさに千枚田です♪




場所はコチラ♪

輪島よりも半島の先端寄りになります。
国道249号線沿いで道の駅も隣接しているので能登半島をドライブされている方にとっては、
休憩にもちょうどいいです場所です♪




そしてこちらが棚田の全容です♪
白米の千枚田 (1)
美しい棚田と美しい海・・・なんと贅沢な光景。
山々にある棚田も良いですが、やはり海に突き出す様に作られた棚田も迫力が有ります。




こちらは海岸沿いから撮った写真。
白米の千枚田 (6)
目の前には海が迫っていますが、かつてはこの辺りに塩田が有ったそうです。
なんだかこの地だけで一級品の塩おむすびが食べれてしまいそうです(笑)

ちなみに・・・能登って塩も有名なんですよ♪
特に焼き物で有名な「珠洲(すず)」で作られている塩は500年前から同じ製法で作られているです♪
と・・・塩の話はまた今度^_^;




潮風を含んだお米はミネラルが豊富なんだそうです♪
白米の千枚田 (5)
こちらの棚田では「能登ひかり」と「コシヒカリ」が育てられています。
能登ひかりは石川県では良く作られているお米だそうです。

白米千枚田では、現在3軒の農家さんが育てられているそうなのですが、
それだけではこの棚田を保つことが難しいので、オーナー制度を用いて稲作を続けているんです。
そのお陰で今でも来た人を感動させる美しい景観が保たれているんですね♪
(ちなみに1枚1オーナーで年会費2万円だそうです。)




ちなみにこちらは白米千枚田の一年通した姿です♪
白米の千枚田 (2)
ここの棚田は私が中学校の頃に使用していた地図帳で見てからずっと行ってみたいと思っていた場所だったのですが、実際に目の前に立つとその場から離れるのが勿体なくなるぐらいずっと見ていたい光景でした。
(現に1時間以上いました(笑))

という事で今回は以上です♪
また次回から写真のみの日々かもしれませんが懲りずに見て下さい(笑)

尚、白米の千枚田の詳細につきましては下記リンク先をご覧下さい♪
☆白米の千枚田☆


ラストショット♪
白米の千枚田 (7)
最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!
※あまり詳細な説明が書けませんでしたが、何とか久々に記事を書くことが出来て良かったです(^^)



ポチッと♪
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!


category: 石川県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

記録保持者の新穂高ロープウェイ その2  

今回は前回に続き新穂高ロープウェイからご案内させて頂きます♪
(2009.5.6訪問)


なお、ご案内させて頂いている場所はこちら♪






そしてこちらが山頂駅屋上からの眺めです♪
新穂高ロープウェイ (5)
北アルプスの大パノラマが出迎えてくれます!!

大変余談ですが・・・
昔、日本地理の勉強で日本三大アルプス「赤石山脈」「木曽山脈」「飛騨山脈」を習ったとき、
「南から赤い(赤石)木が(木曽)飛んできた(飛騨)」と覚えた気がします(笑)


飛騨山脈は日本の標高トップ10のうち・・・
3位 「奥穂岳」
5位 「槍ヶ岳」
8位 「涸沢岳(からさわだけ)」
9位 「北穂高岳」
10位「大喰岳(おおばみだけ)」

と実に5つも名を連ねるほどなんです(^^)
だからこそ壮大なスケールの大自然を味わえるんです♪

しかもこの展望台からの眺めは世界的にも認められている景色で、
ミシュラン・グリーンガイドで2つ星を獲得した観光名所なんです♪


こちらは展望台より南側にある「焼岳」です♪
新穂高ロープウェイ (10)
焼岳は日本百名山に登録されている活火山です。(ズームしてみると煙が見えるみたいです)
長野県側からも眺めることが出来る山で上高地にある大正池のバックに撮られたりする山です。




こちらは左から槍ヶ岳・大喰岳(おおばみだけ)・中岳・南岳と3000m以上の山々が続きます。
新穂高ロープウェイ (9)
槍ヶ岳は右寄りに「ピョコ」と角が出ているものです。
山登りの方々の間では「ヤリ」と略して言う方が多いです♪




分かり易いように最大ズームにして撮った「槍ヶ岳」です♪
新穂高ロープウェイ (6)
槍ヶ岳は「日本のマッターホルン」と呼ばれ大変急峻な山なのです。
登山家の間では一生に一度は登頂してみたい山と言われているそうです♪
個人的には富士山よりも槍ヶ岳の方が興味あるかも…(笑)




展望台では良く見かける360度版の地案内版です♪
新穂高ロープウェイ (11)
反射してしまい少々分かりにくくいてスイマセン^_^;




こちらは展望台東側に見える「西穂高岳」になります。
新穂高ロープウェイ (13)
西穂高岳手前にある「西穂山荘」まで1時間半ほどの登山で、
山荘付近からは上高地を見下ろせる光景が広がります(^^)
画像中央下にちょこっと道が見えていますがこれは雪の回廊です♪




こちらが雪の回廊です♪
新穂高ロープウェイ (15)
冬から3月ぐらいまで体験することが出来ます♪(気候により変動有り)
写真はゴールデンウィーク時のものなので、壁の高さも2mぐらいでしたが高いときは4mぐらいにまでなるそうですよ♪
多少低くてもお子様には大好評だと思いますよ(^^)




展望台では西穂岳をバックにこんな日本一も見ることが出来ます♪
新穂高ロープウェイ (12)
展望台に設置されている郵便ポストは、

「一年を通して集配を行っている日本一高いところにある郵便ポスト」(2156m)
なんだそうです♪

臨時も含めると日本一高いところにあるポストは富士山です。(富士山五合目簡易郵便局で2305m)
さすが富士山には敵いませんね^_^;


と言うことで新穂高ロープウェイをご案内して参りました♪

新穂高ロープウェイに関する詳細な内容は下記リンク先をご覧下さい♪
☆新穂高ロープウェイ☆
皆様も是非一度アルプスの山々をじっくり眺めてみては如何でしょうか(^^)

※山頂展望台は真夏でも15℃少しまでしか気温は上がりません。
 ゆっくりご覧になられたい場合は夏でも薄手のジャケットなどお持ち頂いた方が良いと思います♪
 また初夏や秋は山麓でもかなり涼しいので少々厚手のジャケットなどを用意されるのがベストかと思います。
 詳細はサイト内をご覧下さい(^^)



ラストショット♪
新穂高ロープウェイ (7)
最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

category: 岐阜県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 6

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。