じゃぱんますたー ホーム »東北地方
カテゴリー「東北地方」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本唯一の「酷道」?!  

今回は日本唯一の酷道「階段国道」をご案内します♪
(2009.5.3訪問)


こちらが今回ご案内する階段国道です♪
階段国道とその周辺 (3)
国道を示す看板もきちんと立て掛けられています(^^)
また天気が良ければ津軽海峡や北海道を見渡すことも出来ます♪
道路好きの方なら間違いなく聖地と呼ばれると場所かと思います(笑)




そんな階段国道の場所はこちらです♪

白と白の点の間が階段国道になります♪
青森県津軽半島の先端「龍飛崎」も目の前です(^^)
駐車場は赤印付近にあり大きめで舗装されています♪




ちなみに駐車場の場所ははこの石碑が良い目印になるかと思います♪
階段国道とその周辺 (6)
駐車場にはお手洗いなども有ります♪




こちらが階段国道の説明版です♪
階段国道とその周辺 (2)
階段国道となった経緯も諸説あるみたいなのですが、初めから階段だったわけではなさそうです。
元々は坂道だったみたいなのですが、これをなぜ階段にしたのかは今のところ不明です。

・バイパスを作った為、国道の指定から外そうとしたが地元の要望に応えて、国道にしたまま更に階段にした。
・付近に小中学校が有り坂道では危険だから階段にした。
・役所の方が国道のルート選定の際、地図だけで選定したため、誤って階段部分も国道となった。

等々幾つか説があるようですが、間違いなく言えることはここは階段の国道であるということ(^^)




階段は最初は直線的ですが暫く降りて住宅街が近くなるとジグザグに降りていきます。
階段国道とその周辺 (5)
快適さのかけらもない国道を「酷道」と文字って読んだりしますが、
ここはそんな酷道の中でも断トツで酷道を極めている道路かと思います^_^;




住宅街に突入すると路面が赤くなります。
階段国道とその周辺 (4)
住宅街は他にも小道が幾つかあるので迷わないためだと思われます♪

駐車場から往復するのに15分程有れば十分かと思いますが足に不安を覚える方でしたら少し余裕が見た方が良いと思います。途中ベンチなども有りますので休憩しながら歩くことも出来ます♪
※一部だけ石畳のようになっているところも有るので歩きやすい靴で行かれることをお勧めします♪




駐車場付近には津軽海峡を代表するこんなものも・・・
階段国道とその周辺 (7)
石川さゆりさんの代表歌「津軽海峡冬景色」の歌詞が刻み込まれた石碑です♪




実はこの石碑の前で実際に津軽海峡冬景色の歌が聞けます♪
階段国道とその周辺 (8)
もちろん旅情を楽しむ私は聞かせて頂きました。
でも他の観光客の方も結構いらっしゃったのでちょっと恥ずかしかった・・・^_^;
(だれもいなかったら歌っていたかも(笑))


と言うことで今回は日本唯一の階段国道をご案内させて頂きました♪
階段国道は団体ツアーの観光スポットにも選ばれているので繁忙期などは特に混雑が予想されます。
(現に何社か団体さんが階段を上り下りしてました)

近くにある龍飛崎灯台と併せて見学される場合も1時間前後有れば十分かと思われます(^^)
龍飛崎灯台へは「階段村道」を上り向かうことも出来ますが、階段はこりごりという方は灯台真下の駐車場まで車で行かれても良いかと思います♪

少し足を延ばせば青函トンネル記念館などもあるので是非暖かくなってきたら津軽半島へ足を延ばしてみては如何でしょうか(^^)


ラストショット♪
階段国道とその周辺 (1)
最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。(ランキングに反映されます(^^))
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

category: 青森県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 6

不思議な結び付き  

今回は普通では思いつかない不思議な結び付きについてご案内させて頂きます。
※今回は拙い文章中心になります^_^;
(2011.7.8訪問)


今回ご案内する場所はこちらです♪
IMG_6871.jpg
森です♪もちろん単なる森ではないんですよ(^^)

この森は岩手県一関市にある「ひこばえの森」という場所です。

実はここから美味しい牡蠣が産まれているんです♪

ん??なぜ海と森が関係するのか・・・

それは、森と海を繋げる「川」にあります。
この川には森に含まれる豊富な栄養分が流れ出ているのです。
その為、川の河口にある湾内には大変豊富で質の良い栄養分が多く含まれているそうで、
結果的に周辺で養殖されている牡蠣も質の良いものが出来上がるという訳です。

なので、森と海というのは決して別々のものでは無いのです。
そして私はこの地でそのことを教わりました。


また「ひこばえの森」は手入れされず放置されたままの森だったそう。
IMG_6870.jpg
これを、この地域の自治会長さんが一から草刈りや間伐など手入れを施し、
現在のように美しい森になったそうです♪


現在ではひこばえの森では毎年6月の第一日曜日に「森は海の恋人」植樹祭が行われています。
この植樹祭には三陸の漁業関係の方々が毎年参加されているそうです。
☆「森は海の恋人」植樹祭☆



さて、話変わりまして本日で震災から3年が経ちました。

先日とあるニュース番組を見ていたら、
今冬、陸前高田市の広田湾産の牡蠣がようやく出荷にまでこぎ付けたという話が報道されていました。

実際に震災後に訪れて話を聞かせて頂いた時に「3年は掛かるが必ずまた復興して見せる」と仰って頂きました。
なので、画面越しから牡蠣を見たときは心にグッと来るものがありました。

以前の状態まで戻すにはまだまだ時間は掛かると思いますが、
復興を遂げ、失ったシェアを取り戻し、再び「日本一の牡蠣」として脚光を浴びる日もそう遠くないはずです。



このような話は全ての方にとって心のエネルギーとなるお話。
これからもこのような話が東北から全国へ多く届けられることを心より強く願っております。




ということで今回はこれにて終了です。
次回からはまた通常営業となります(^^)


ラストショット♪
IMG_6824.jpg
ひこばえの森近くにある水車小屋です♪
最後までお読み頂き誠にありがとうございました!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

category: 岩手県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 1   cm: 2

米沢駅 その4(ぎゅう編)  

今回はいよいよ米沢駅最終回「ぎゅう」についてご案内して参ります。
(2014.1.3訪問)




ぎゅう・・・ずばり牛です♪
米沢牛は日本三大和牛の一つとして数えられています。
そんな米沢牛を堪能してみました♪



それがこちらのお店です♪
IMG_5293.jpg
米沢駅駅前にある「食房 杵(きね)」です(^^)
・・・と建物上に見覚えのある看板が…



実はこの「杵」は米沢駅を代表する駅弁「牛肉どまんなか」を作っている駅弁屋「新杵屋(しんきねや)」が営業を行っているお店なんですよ♪
IMG_5466.jpg
デパートやスーパーでの駅弁大会などで見掛けた方もいらっしゃるかと思います(^^)




「牛肉どまんなか」の中はこんな感じです♪
IMG_5477.jpg
味は・・・本当に美味しい!!
牛にたれがしっかりと染みているので噛むと甘いたれが口いっぱいに広がります♪
また牛そぼろと薄切り肉の二つの食感が楽しめるので、食べてても飽きが来ないです♪
卵焼きも甘くふわっとしていて、サトイモや昆布も味がしっかりと染みていて美味しいです)^_^(

ちなみにどまんなかと言うのは・・・

・駅弁界のど真ん中
・どまんなかというお米ブランドを使用している


というところから来ているみたいです♪




美味しくて箸が止まることなくものの10分かからず完食(笑)
IMG_5478.jpg
車窓見ながら食べてましたが、一区間で食べ終えてしまった^_^;
ちょっともったいない気がする。。。




・・・・・・・・と、話が少しずれましたが今回「杵」で頂いたのがコチラの料理です♪
IMG_5287.jpg
こちらは「米沢牛卵とじ定食」です(^^)
お値段なんと950円!!
米沢牛を三ケタで食べれるとは思わなかったです(笑)




目の前で煮込んでいくのですが・・・
IMG_5289.jpg
時間が経つにつれてお腹が鳴りまくりです(笑)




煮込んでいる間に店内を見回すと…!!
IMG_5286.jpg
「花の慶次」が描かれたイラスト画が飾られています♪
以前「牛肉どまんなか」とのコラボでこのイラストが使われたみたいです(^^)

ちなみに…この作品を描かれた原哲夫さんの代表作と言えば「北斗の拳」ですね♪
よくご覧になるとタッチや雰囲気が似ているかと思います(^^)




米沢牛がぐつぐつ・・・(笑)
IMG_5290.jpg
牛卵とじ以外にご飯とお味噌汁、漬物もついています♪




そして煮込むこと10分ちょい…最後に卵を掛ければ牛卵とじの完成です♪
IMG_5291.jpg
卵はかけずすき焼き風につけて食べても良いかと思います。
私は欲張って半々で食べました(笑)
(混雑していなければ1時間も有れば十分に駅から行ってゆっくり食べて帰ってこれるかと思います)

味は言うまでも無く本当に美味しかったです(^^)
それでいて950円とは…本当にお得です!!
また駅から徒歩1~2分ぐらい(駅から店舗が見えます)なので冬でも駅から行きやすいお店です♪
※私は乗り換えで1時間以上時間が空いたので、その間に食べました♪




ちなみに・・・
以前米沢に来たときには霜降りの米沢牛も頂いています
108_0862.jpg
この頃は学生だったという事も有り、一皿だけ頼み5人で分けました(笑)



先程駅弁のお話が出ましたが、米沢と言えば「牛肉どまんなか」以外にもう一つ代表する駅弁が有ります♪
111_1149.jpg
松川弁当店の「牛肉道場」です!!
こちらもデパートやスーパーの駅弁売り場で見掛ける駅弁です。
「旅行安全」とかパッケージに描かれている言葉がまた昔ながらで良いですね♪

松川弁当店は米沢駅が開業した明治32年に創業し今年で115年目を迎える老舗中の老舗です(^^)




中身はこんな感じです♪
111_1150.jpg
「牛肉どまんなか」と同じくそぼろと薄切り肉が並んでいます。真ん中には生姜がのってます。
味はそれほど牛肉どまんなかと変わらない気がします
(私の舌では細かな部分までキャッチできなかったです^_^;)

おかずもに関してはどまんなかと比べるとちょっと物足りない感じもするけど、
サツマイモやレンコンなど昔ながらの駅弁の感じがします♪
個人的に味噌しそ巻きはほっぺが落ちました(^^)




という事で今回で米沢駅編は終了です♪

「米沢牛卵とじ定食」と「牛肉どまんなか」の詳細に関しましては新杵屋のサイトをご覧下さい♪
☆新杵屋☆

☆食房 杵☆



また牛肉道場を販売している松川駅弁店に関しては下記リンク先をご覧下さい♪
☆松川駅弁店☆




ラストショット♪
IMG_5311.jpg
山形行きホームに飾られていた米沢牛です♪
最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

category: 山形県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 6

米沢駅 その3(ホーム編)  

今回は前回に引き続きホームから見た景色を観ていきたいと思います。
(2014.1.3訪問)


前回は山形新幹線・奥羽本線のホームを中心にご案内しました。
今回は米坂線のホームをご案内します。

米坂線は1936年に全線開業した路線で、
山形県の米沢駅と新潟県の坂町駅を結ぶ約90㎞の路線です。
個人的には好きな路線で荒川と言う川沿いに沿って走るので車窓も楽しめます♪



こちらが米坂線のホームです♪
IMG_5445.jpg
既に坂町行きが入線しています。




黄色い簡易suica改札機を発見!!
IMG_5444.jpg
これは山形新幹線に乗車されたお客様が米坂線へ乗り換えされる際にタッチする改札機です。
あまり見る事が出来るものではないので、勝手に「幸福の黄色い改札機」と命名(笑)




奥にはもう一つホームが有ります。
IMG_5455.jpg
この列車はJR東日本の現時点での最新気動車です。
正面から側面にかけて橙色のラインが入っていますがブナをイメージした色だそうです。
既に米坂線以外にも日本海側の羽越線、新潟と郡山を結ぶ磐越西線でお仕事しているみたいです。
車内の座席もクロスシートなので旅鉄にとっては嬉しい限りです♪




気動車の側面に有ったロゴです。
IMG_5448.jpg
ロゴにはオコジョが描かれています♪
オコジョは中部北部から北海道にかけて生息していますが、
本州に生息しているのは「ホンドオコジョ」と呼ばれる種類のものです。

ちなみに、オコジョ繋がりで…
SLばんえつ物語号において今春オコジョを題材にした新たな車両がデビュー予定だそうです♪
☆SLばんえつ物語号「おこじょ展望車両」☆
もしご興味が有りましたらご覧あれ♪




ちなみに、米坂線には過去2度乗車したのですが、その際はコチラの車両でした♪
111_1140.jpg
(2007年旅行時)
個人的にはこういう年季の入った車両の方が旅情が出て良いんですけど…(笑)




米坂線ホームからはこんな風景を観ることが出来ました♪
IMG_5451.jpg
まさかのです^_^;




しかもしっかりと実を付けています。
IMG_5453.jpg
寒くなってより甘みが増しているのかな?!(笑)




という事で今回はこれにて終了です♪
次回は米沢駅編最終回です(^^)



ラストショット♪
IMG_5465.jpg
最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

category: 山形県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 7

米沢駅 その2(ホーム編)   

今回は米沢駅のホームからの風景をご案内していきます♪
IMG_5309.jpg
(2014.1.3訪問)




西口と東口の連絡通路からの一枚。
IMG_5436.jpg
こちらは福島方面です♪




米沢駅で見る花形列車と言えばコチラです♪
IMG_5430.jpg
新幹線つばさ号です(^^)
峠駅編でもご紹介しました♪




夜に流し撮りを試みるが…
IMG_5284.jpg
失敗(>_<)




こちらは普通列車の福島行です。
IMG_5306.jpg
この列車も峠駅で紹介しました♪
車内はクロスシートなのですが、このクロスシートも少しずつ・・・だけど確実に姿を消して言っている気がする。
鉄道旅行をする上で本当に大切なものなのに…。




普通列車山形行きのテールランプ
IMG_5308.jpg
列車を見送るとしみじみと旅情を感じちゃいますね。




また米沢駅構内でこんな面白ものを発見しました♪
IMG_5310.jpg
最初はすっごい明るいライトかと思っていましたが、
その場で観察していると徐々に身体が「ポカポカ」に…




付近に有った配電盤を見てみると…「パンタ融雪装置」とあります。
IMG_5303.jpg
実はこれヒーターなんです!!パンタグラフ付近の雪が積雪・凍結しないように列車の停車位置に合わせて、パンタグラフ上にヒーターを取り付けたものかと思われます。

融雪設備ではポイント付近がよく見掛けますが、架線では初めて見掛けました(^^)




数年前に来たときには取り付けられていなかったので、
今回初めてお目に掛かりましたが驚きました
IMG_5304.jpg
実際にパンタグラフに雪が積もると、始発電車でパンタグラフを上げようとすると上がらなくなるんだとか…
長時間の待ち時間なども有るので雪国にとっては非常に大切な設備の一つですね♪


という事で長くなりそうなので今回はここまでです。
次回は米坂線のホームをご案内して参りますので引き続きご覧下さい♪



ラストショット♪
IMG_5460.jpg
雪が舞い散る中力強く前進してくるつばさ号です♪

最後までお読み頂き誠にありがとうございます!!



ポチッと♪
ちょっとでもお気に召されましたら…ちょこっとだけお力をお貸し下さい。
本当に励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

category: 山形県

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 6

プロフィール

カテゴリ

☆ご訪問されたお客様☆

★カレンダー+最終更新日★

最新コメント

最新記事

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。